GfK Japan調べ:タブレット端末の利用実態調査

@Press / 2014年4月23日 14時30分

図1 リテール市場におけるタブレット端末の販売数量推移
 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン株式会社(所在地:東京都中野区、代表取締役社長:藤林 義晃)は、タブレット端末の購入者や購入予定者など約1,400名に対してタブレット端末の購入状況、利用状況、購入意向に関するアンケート調査を実施し、その調査結果を発表した。


【概要】
・タブレット端末購入は買い替え/買い増し層が増加。4割へ。
・購入意向は、既にタブレット端末を使用しているユーザーの方が、使用経験が無いユーザーより高い。
・新規と2回目以降の購入者では、購入時の参考情報源に違いがみられる。


【買い替え、買い増しが増加】
 リテール市場(※1)におけるタブレット端末の販売台数は右肩上がりの増加を続けていたが、2013年下半期は上半期を下回る結果となった(※2)(図1)。前年同期比をみると、2013年第3四半期(7-9月)までは50%以上の成長が続いていたが、2013年第4四半期(10-12月)は14%増となった。また、2014年第1四半期(1-3月)の販売台数は前年並みにとどまった。
 成長鈍化の一因としては、購入層の拡大が伸び悩んでいる事が挙げられる。昨年12月に実施した調査によると、タブレット端末の購入者のうち、新規購入の割合は減少傾向にあり、3カ月以内の購入では6割を下回った(図2)。また、タブレット端末使用者の4人に1人は「1年以内の購入を検討している」と回答しており、買い替え/買い増し需要は今後も高まると推測される。
 タブレット端末の買い替え/買い増しが増加する一方で、新規購入の増加には課題がありそうだ。タブレット端末を購入した事が無い消費者の6割が「タブレット端末に興味が無い」と回答している。興味が無い理由として、「パソコンやスマートフォンで事足りる」「通信費が高い」等の理由とあわせて、「具体的な使用用途のイメージが湧かない」が多く挙げられた。タブレット端末は一度使用されると利便性が認識され、積極的な買い替えや買い増しが行われる。市場拡大のためには、タブレット端末の使用経験が無い消費者に対し、具体的な使用用途のイメージや利便性を訴求する事がより重要となるであろう。

図1: リテール市場におけるタブレット端末の販売数量推移
http://www.atpress.ne.jp/releases/45708/img_45708_1.png
図2: 購入時期別 新規/買い替え比率
http://www.atpress.ne.jp/releases/45708/img_45708_2.png

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング