サイレックス・テクノロジー、SX UVL Client SDKの無償ダウンロード開始 ~ルータ市場を中心に1,000万台以上の搭載実績を持つ技術をさらに幅広い分野に訴求~

@Press / 2014年4月24日 16時0分

USB Virtual Link技術活用例(1)
サイレックス・テクノロジー株式会社(本社:京都府精華町、代表取締役社長:河野 剛士、以下 サイレックス)は、USB Virtual Link技術のクライアントアプリケーション組込み用SDKを5月12日よりホームページに公開し、無償ダウンロードを可能とします。ルータ、プリンタ、スキャナ、地デジチューナ、オーディオなど様々な製品に組込まれた実績を持つWindows(Win32対応)版『SX UVL Client SDK for Win32』が対象です。


本SDKをUSB機器を利用するためのアプリケーションに組込むことにより、サイレックス製品であるデバイスサーバ系製品の検索およびデバイスサーバに物理接続された様々なUSB機器をネットワーク越しに利用できるようになります。プリンタ、スキャナはもちろん、ICカードリーダやUSBカメラなど様々なUSB機器をネットワーク上にも関わらず、あたかもUSBケーブルで接続しているかのように見せるUSB Virtual Link技術をお試しいただけるようになります。

SX UVL Client SDK for Win32の無償ダウンロード化により、幅広い分野のUSB機器開発者やアプリケーション開発者は、これまでにルータ市場を中心に1,000万台以上の搭載実績があるUSB Virtual Link技術を簡単にご検討いただくことが可能になります。


【USB Virtual Link技術活用例(1)】
http://www.atpress.ne.jp/releases/45735/img_45735_1.jpg
監視カメラ制御WindowsアプリケーションにUSB Virtual Link技術を組込み。ネットワーク越しに監視カメラ画像を転送したり、遠隔操作が可能に。

【USB Virtual Link技術活用例(2)】
http://www.atpress.ne.jp/releases/45735/img_45735_2.jpg
KIOSK端末UI用アプリケーションにUSB Virtual Link技術を組込み、KIOSK端末内のUSB機器を接続。USB機器とタブレット端末で構成することによって、比較的安価にネットワーク対応KIOSK端末相当の機能を実現。


SX UVL Client SDK無償化に合わせ、5月に出展する2つの展示会にてデバイスサーバのプレゼントキャンペーンを行います。第3回ワイヤレスM2M展(会期:5月14日~16日、ブース番号:西1-1)、第5回教育ITソリューションEXPO(会期:5月21日~23日、ブース番号:7-34)の会期中、サイレックスブースにてキャンペーンに申し込みをした来場者を対象に毎日先着5名様に『SX-DS-4000U2』を1台プレゼントします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング