サイレックス・テクノロジー、802.11r対応製品リリース計画を発表~「切れない無線の追求」国産品質の安定高速通信を実現~

@Press / 2014年4月24日 16時30分

ワイヤレスアクセスポイント『SX-AP-4800AN』
サイレックス・テクノロジー株式会社(本社:京都府精華町、代表取締役社長:河野 剛士、以下 サイレックス)は、アクセスポイント『SX-AP4800AN』にIEEE 802.11rの高速ローミング対応機能を追加します。従来の製品ユーザも2014年5月にホームページに公開される新しいファームウェアに更新することにより、新たな無線接続品質を向上させる機能の利用が可能になります。

802.11rは2008年7月にIEEE(米電気電子技術者協会)が定義した国際標準規格です。最近では、Apple社のiPhone 4S以降、iPad第三世代以降の一連の製品が対応したことでも知られています。802.11 ワークグループ規格である802.11rは、FT(Fast Basic Service Set Transition)と呼ばれる機能を使って認証プロセスを簡素化することで、アクセスポイントから同じネットワーク内の別のアクセスポイントに50m秒以内でローミングすることを実現するQoS技術です。

802.11rは電話などのVoIP系の音声アプリケーションに加えて、近年は、医療や産業市場に代表される業務用アプリケーションにおいても複数の親機と子機が複雑に通信連携し、高度な無線通信品質の担保が要求される用途で、その技術ニーズが高まっています。

従来これらのQoS技術は、高額なハイエンドエンタープライズアクセスポイントのみに搭載されていました。サイレックスは、今後これらのノウハウを順次自社製品へ展開し、OEM顧客やユーザが利用できる選択肢を広げながら、より強固な無線接続品質を実現することで、「切れない無線」のビジョンをさらに追求していきます。

本製品は2014年5月14日~16日に東京ビッグサイトで開催される第3回ワイヤレスM2M展に出展されます。開催期間中、サイレックス展示ブース(ブース番号:西1-1)では、本製品をはじめ、確実なワイヤレス接続性が求められる工場や病院などのエンタープライズ環境で利用可能な最新のワイヤレスソリューションを紹介する予定です。

【ワイヤレスアクセスポイント『SX-AP-4800AN』製品概要】
URL: http://www.silex.jp/products/converter/sxap4800an.html?pr=140424
QRコード: http://www.atpress.ne.jp/releases/45737/img_45737_2.gif

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング