市場拡大に向けた天然アスタキサンチン米国新工場竣工のお知らせ

@Press / 2014年5月16日 12時0分

竣工式の様子
アスタリール株式会社(富士化学工業100%出資子会社、本社:東京都港区芝公園2-6-3 芝公園フロントタワー、代表取締役社長 西田 光徳※)は、米国アスタリールテクノロジーズを通じて、ワシントン州モーゼスレイク市に建設していた天然アスタキサンチン製造の新工場が竣工したことをお知らせいたします。新工場は、2014年7月に本格稼動を予定しております。

※正式には「徳」の旧字体


 これまでアスタリールグループでは、スウェーデン ストックホルム郊外の工場で天然アスタキサンチンの生産を続けてきましたが、世界的な需要の高まりにこのたび新工場の建設にふみきりました。新工場では、将来の需要をも満たすために、従来の工場の2倍の生産キャパシティとしました。今後はスウェーデンと北米から従来の3倍の生産能力で、供給不足を解消いたします。
 同工場からは、北米をはじめ世界の市場に向けた供給体制を整え、さらに増大する需要に対しても対応していく計画です。

 天然アスタキサンチンは、安全で強い抗酸化力を持つカロテノイドです。最近では臨床研究により、生活習慣病の予防や、さらには治療にまで使えることがわかってきました。私たちは、この天然アスタキサンチンが健康にかかわる重要なプロダクトになると考えています。

 5月14日には、ワシントン州のインスリー州知事をはじめ、地元自治体の関係者や、海外からのお客様をお招きして竣工式を行ない、将来にわたって雇用や地元の発展に貢献していくことを誓いました。
 アスタリールグループは、予防医療の分野で人々の健康に寄与するという使命のもと、天然アスタキサンチンを世界中に供給するため、さらに努力を重ねてまいります。

http://www.atpress.ne.jp/releases/45877/img_45877_1.jpg
ワシントン州の新工場稼働により天然アスタキサンチンの生産力が3倍に。
中央左:ワシントン州知事インスリー氏
中央右:代表取締役社長 西田 光徳


■新工場の概要
竣工  :2014年5月 (稼動予定2014年7月)
所在地 :ワシントン州モーゼスレイク市
     7761 Randolph Rd NE, Moses Lake, WA 98837
敷地面積:9.81エーカー(約40,000m2・約12,000坪)
生産品目:ヘマトコッカス藻由来天然アスタキサンチン原料
生産能力:非公表
従業員 :現地雇用 45名(予定:第1期工事)
投資金額:3,400万ドル(約34億円)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング