年間280万人が訪れる京都・宮津市を教材に新規ビジネスを創出 『地域の資源や課題から新しいビジネスを考える出張型ワークショップ・プログラムの提供開始』

@Press / 2014年5月8日 9時30分

日本三景「天橋立」
 ボノ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:横山 貴敏)は、日本三景「天橋立」のある京都府宮津市と提携し、地域の資源(人・モノ・自然)や課題から、地域貢献できる新しい技術やビジネスを考える、企業や教育機関を対象とした出張型のワークショップ・プログラム「我楽田工房(がらくたこうぼう)」の提供を、東京で開始しました。

「我楽田工房」
http://www.bono.co.jp/garakuta/


■「我楽田工房」の概要
 本ワークショップは、年間280万人が訪れる日本三景「天橋立」のある宮津市をテーマに、地域の環境や資源、地域産業、様々な課題、生活者の視点、社会状況などを学びながら、ビジネスをつくることの意味や社会ミッションを再確認し、既成概念にとらわれない独創的な気付きやアイデアを見つけることで、本当に必要とされる技術や新しい商品・サービスなどのビジネスを生み出すことを目的としたプログラムとなっています。
 新規事業の創出だけでなく、社会貢献活動(CSR・CSV)、社員研修、学生の教育プログラムとして、主に首都圏の企業や教育機関などを中心に提供・実施していきます。


■特長
 本ワークショップは、実際に宮津市役所で働く職員が参加者の集まる場所に赴き、地域資源(人・モノ・自然)や地域産業、行政としての事業活動や地域課題などを紹介したのち、ボノ株式会社がファシリテータとなって地域の課題解決方法や地域に必要とされる技術、ビジネスなどを考える出張型のワークショップ・プログラムとなっています。
 本ワークショップの実施をご希望の場合は、ホームページまたはメール( info@bono.co.jp )からお申込み下さい。企業や教育機関の様々なニーズや状況に合せたプログラムを相談・企画した上で実施いたします。


■宮津市長からのメッセージ
 天恵の自然と悠久の歴史にはぐくまれた海の京都「宮津」は、日本海沿岸の交易の拠点として、古くから栄え、丹後地方の中心都市として発展してきました。天橋立に代表される豊かな自然や元伊勢 籠神社に代表される歴史は、たくさんの人々を魅了し続け、年間280万人が訪れる国内有数の観光都市となっています。
 本年3月には、天橋立と周辺の町並みで構成される「宮津天橋立の文化的景観」が国の重要文化的景観に選定されたところです。
 多くの企業や学生の皆さんに、この宮津の魅力を是非知っていただき、そこから地域が活性化する幅広いアイデアや新しいビジネスが生まれることを大いに期待しております。
宮津市長 井上 正嗣

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング