IP Infusion、機能強化した新世代ネットワークプラットフォーム「ZebOS-XP(R) Release 1.1」を提供開始 - 帯域スケーリング、ネットワーク拡張性、冗長性、ルーティングが大幅に向上 -

@Press / 2014年5月1日 11時0分

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下 ACCESS)の米国子会社IP Infusion Inc.(本社:米国カリフォルニア州、最高経営責任者:大石 清恭、以下 IP Infusion)は、本日、IP Infusionの新世代のネットワークプラットフォーム「ZebOS-XP(R)」の帯域スケーリングやネットワーク拡張性、冗長性などを大幅に強化した最新版「ZebOS-XP(R) Release 1.1」を開発し、提供開始したことを発表しました。

「ZebOS-XP」は、昨今導入が加速しているテラビット級のネットワーク構築ならびにネットワーク機器開発を支援するために設計された、新世代のネットワークプラットフォームです。IP Infusionの既存のネットワークプラットフォーム「ZebOS(R)」の基盤システムを継承しつつ、高拡張可能性と高性能をあわせ持つソフトウェアアーキテクチャで構成されており、次世代のマルチプロセッサハードウェアのプラットフォームをサポートします。またSDN(※1)対応機能を備えており、新世代ネットワークを迅速かつタイムリーに市場投入できるエンドツーエンドのソリューションを提供します。

「ZebOS-XP Release 1.1」の主な機能は下記の通りです。

●McLAG(※2)による冗長化と帯域幅の増強:Layer 2スイッチングにおける複数シャーシ間のリンクアグリゲーションに対応し、帯域幅の増強、並びにリンクとノードの冗長性を確保
●Virtual Private LAN Service(VPLS)の機能拡張:Taggedモードを追加サポート(Ethernet VLAN)
●Multiprotocol Label Switching(MPLS)の拡張性向上:LDP-RSVP-TEモジュールの拡張性と性能を大幅に向上
●高可用性:Stateful Switchover(SSO)による無停止フォワーディング(Nonstop Forwarding)をOSPFプロトコルにて対応
●ユニキャストとマルチキャスト双方のルーティングの機能追加:OSPFにてRFC 1793をサポート。PIM(Protocol Independent Multicasting)においてBidirectional Protocol Independent Multicasting(Bidirectional PIM)をサポート
●64ビットのプロトコルと対称型マルチプロセッシング(SMP):64ビットに準拠し、全てのプロトコルモジュールでSMPの安全検証済み
●対応OSの追加:WRL 5.0(Kernelバージョン3.4.10)、Fedora 17(Kernelバージョン3.4.44)、VxWorks - 6.9(Basic L2, L3 protocolsのみ)をサポート

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング