クラウド基盤を活用した柔軟で高機能なコンタクトセンターサービス「Arcstar Contact Center」を提供開始

@Press / 2014年5月1日 15時0分

 NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は、顧客への対応業務を行うコンタクトセンターサービスをクラウド化し、オペレーター席数の増減や利用する機能の変更に柔軟に対応できる「Arcstar Contact Center」を、2014年5月2日より提供開始します。


1.背景
 高度な電話応対システムを自社内に備えた従来型(オンプレミス)コンタクトセンターの構築にあたっては、長期的な需要の変動を見越し、センターの規模や仕様を入念に検討することが必要とされてきました。また、PBX(*1)などの設備を自社で保有するため、多くの初期投資も必要でした。そしてコンタクトセンターの構築後は、季節ごとの需要やコール数の変動に応じた柔軟な対応が難しく、安定的にビジネスの規模に応じたコンタクトセンターを運用することは、企業の課題となってきました。
 NTT Comでは、このような課題を解決するため、必要なときに必要なだけリソースを利用できるクラウド型のコンタクトセンターサービス「Arcstar Contact Center」を提供します。


2.サービスの特長
(1) クラウド型ならではの柔軟で無駄のない運用が可能<別紙>
 PBXなどの機能を提供する設備をクラウド化することで、機器の購入・更改費用や、保守・メンテナンスにかかるコストを削減します。また、季節やイベントに応じてコール数が大きく変動する場合でも、1ヶ月の短期間から、利用するオペレーター席数の分だけ利用でき、利用した日数分だけの料金が発生する(日割り)ため、トータルコストを大幅に削減できます。

別紙: http://www.atpress.ne.jp/releases/45959/att_45959_1.pdf

(2) 豊富な機能<別紙>
 コンタクトセンターの運営に必須とされるPBX、ACD(着信呼自動分配)(*2)、IVR(音声自動応答)(*3)、CTI(*4)などの各種機能をすべて標準で提供します。
 さらに、オプション機能として、通話録音やCDRレポート(*5)のほか、キャンペーン実施時などに活用できるアウトバウンド機能(*6)も利用期間に応じて日割りで提供し、高機能なコンタクトセンターに必要とされる仕様を備えています。
 なお「Arcstar Contact Center」の各種機能は、従来型(オンプレミス)のコンタクトセンターにおいて国内・海外ともに広く利用されているGenesys社の「Genesys Customer Experience Platform」をベースにしているため、従来型(オンプレミス)コンタクトセンターからの移行にも適しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング