BSIジャパン、フードディフェンスを含む食品安全規格認証取得への取組みに関する無料セミナー・トレーニングコースを開催! ~食品の安全に対する高い関心に応え、食品業界へのトータルソリューションを提供~

@Press / 2014年5月8日 11時0分

 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長 竹尾 直章、以下 BSIジャパン)は、食品の安全に対する関心の高まりに応え、食品業界へのトータルソリューションを提供するために食品安全規格のセミナー・トレーニングコースを開催することを発表いたします。

 2008年に発生した中国産冷凍餃子事件を契機に、食品事故の企業に与える社会的影響(ビジネスリスク)の増大と消費者の食品安全意識の高まりから、食品への意図的汚染に関する対策(フードディフェンス)の必要性が論じられるようになりました。さらに、昨年末より食品汚染防止としてフードディフェンスの重要性をさらに問われる事件が立て続けに発生しており、消費者から食の安全性を求める声はさらに高まり、食品業界全体がフードディフェンスに対する取り組みを緊急の課題としてせまられています。
 そのような中、BSIジャパンは、BSI(英国規格協会)が策定したPAS 96「食品・飲料の防御 食品・飲料及びそのサプライチェーンへのテロ攻撃の検出及び抑止のためのガイドライン」の規格の邦訳版を発行し、食品業界にフードディフェンスのあり方の一例を提案して参りました。

 昨年、オーストラリアでトップの食品安全規格の認証実績のあるNCS International Pty. Ltd. と合併したBSI(英国規格協会)グループの一員として、BSIジャパンはPAS 96を一例とする食品安全に関する情報とノウハウについて、食品業界の皆様にご提供できる機会を増やすことで、食品の安全に対する関心に応えていきます。


●食品安全規格(ISO 22000 / FSSC 22000)関連セミナー・トレーニングコース
<コース名>     概要解説セミナー
<時間>       2.5時間
<実施日/場所>   5月15日/大阪、6月6日/東京、7月10日/福岡
<受講料(税抜/人)> 無料

<コース名>     食品安全規格認証取得のための基礎知識と
           フードディフェンス(PAS 96)
<時間>       1日間
<実施日/場所>   7月3日/東京
<受講料(税抜/人)> 30,000円

<コース名>     ISO 22000入門コース
<時間>       1日間
<実施日/場所>   7月14日/東京
<受講料(税抜/人)> 30,000円

<コース名>     ISO 22000導入実践コース
<時間>       2日間
<実施日/場所>   7月24~25日/東京
<受講料(税抜/人)> 80,000円

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング