はじめての習いごとは小学館の幼児教室ドラキッズから!満1歳からの親子クラス「はじめてクラス」 2014年度先行予約スタート

@Press / 2014年5月8日 11時30分

ごあいさつ
全国の商業施設で「小学館の幼児教室ドラキッズ」を展開している株式会社小学館集英社プロダクション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:紀伊 高明)は、2014年5月より満1歳からの親子クラス「はじめてクラス」の先行予約を開始いたします。
また、「はじめてクラス」ご入会の方全員に「ドラえもん ループ付きタオル」をプレゼントいたします。

●「はじめてクラス」紹介ウェブサイト
http://www.shopro.co.jp/yoji/course/sougou/0hajimete/index.html


【「はじめてクラス」とは】
「はじめてクラス」は満1歳になったお子さまからお通いいただける親子クラスです。ドラキッズの教室にはお子さまやお母さまにとっての「はじめて」の体験がたくさんつまっています。
はじめての“習いごと”、はじめての“クラスメイト”、はじめての“せんせい”…色々な“はじめて”をドラキッズで体験して、お子さまに健やかに育っていってほしい。そんな願いをこめて、「はじめてクラス」という名前をつけました。


【「はじめてクラス」の特長】
1. おうちだけではできないたくさんの「はじめて体験」
「はじめてクラス」では、なじみのある「お話(絵本・物語など)」をテーマに、運動・造形・ことばあそびなど、おうちだけではできない様々な活動を親子で体験していきます。(例:「おむすびころりん」「ももたろう」など)

2. “あそび”から“まなび”につながるカリキュラム
1歳のこの時期の「あたま」「こころ」「からだ」の発達に必要な力をお話あそびを通して育てます。1つの物語を軸に、たくさんの“あそび”を展開し、“まなび”につながる最初の一歩としてたくさんの活動を親子で体験していきます。

3. 親子コミュニケーションタイム
子育てに関する身近なテーマを、クラスのお母さま方と情報交換する時間を設けています。クラスみんなで子育てに取り組んでいき、そこに子育てのプロとしてのドラキッズの講師が適切にアドバイスします。


【ごあいさつ】
http://www.atpress.ne.jp/releases/46073/img_46073_1.jpg
【教室の活動(運動)】
http://www.atpress.ne.jp/releases/46073/img_46073_2.jpg
【親子コミュニケーションタイム】
http://www.atpress.ne.jp/releases/46073/img_46073_3.jpg

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング