20世紀フォックス映画配給作品「X-MEN:フューチャー&パスト」でのiBeacon(TM)対応の劇場内プロモーションに、ACCESSの位置連動型コンテンツ配信ソリューション「ACCESS(TM) Beacon Framework」が採用 - 劇場内でのiPhoneを活用した画期的なO2O施策の開発・運用に貢献 -

@Press / 2014年5月8日 12時30分

「ACCESS(TM) Beacon Framework」構成図 Beaconサービスがすぐに開始できる「トータルフレームワーク」を提供
 株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下 ACCESS)は、本日、AppleのiBeacon(TM)(※1)テクノロジーに対応した同社の位置連動型コンテンツ配信ソリューション「ACCESS(TM) Beacon Framework(ABF)」が、20世紀フォックス映画(本社:東京都港区、日本代表:ジェシー・リー、以下 FOX)が行う、iOS 7を使用するiOSユーザーに向けたプロモーション・プログラムに採用されたことを発表いたします。本プログラムは、5月30日(金)公開のFOX配給作品「X-MEN:フューチャー&パスト」のプロモーション企画として、TOHOシネマズ日本橋、六本木ヒルズの2劇場で5月14日(水)より運用開始される予定です。

 映画館におけるビーコンを用いたこのたびの革新的な施策は、大規模なエンターテインメント施設でのiBeaconテクノロジーの商用利用としては日本初となり、TOHOシネマズ株式会社提供のTOHOシネマズマガジンAppに、「ABF」を組み込むことによって可能になりました。TOHOシネマズマガジンApp(バージョン2.6以降)をダウンロードした来場者は、劇場に入場すると、自動的に動画配信、施設誘導、デジタルクーポン、オンラインキャンペーンとの連携など、映画というコンテンツの楽しみ方を拡張した多彩なサービスがお手元のiOSデバイスで受けられます。

 今後FOXでは、2014年夏を目処に本プロモーション・プログラムの全国展開も計画しています。

 FOX 営業本部シニアマネージャー 平山 義成氏は、
「この度、『X-MEN:フューチャー&パスト』における現時点で最新鋭のプロモーション企画に、ACCESSは総合的な技術力およびチームの機動力で迅速に応えてくれました。今後とも、『ABF』を活用した革新的なサービスをACCESSとともに、検討してまいります」と述べています。

 ACCESS 取締役 兼 CTO 石黒 邦宏は、
「日本はiOSの普及率が非常に高い市場であり、市場に先駆けてiBeaconを用いた大規模な劇場での商用サービスのローンチに貢献できたことを光栄に思います。iBeaconはO2O(※2)サービスの切り札として、多種多様な業種の様々なシーンにおいて、新たなサービス開発および市場開拓を喚起できるものと考えております。今後、当社の多彩なスマートフォン向けサービスと連携させるなど、『ABF』を一層充実したソリューションへと進化させてまいります」と述べています。

@Press

トピックスRSS

ランキング