複数システムのアカウントを統合的に管理する「SecureAMOS」を5月14日発売 ~アカウント管理の手間・時間・コストを大幅に削減し、情報漏洩を防止~

@Press / 2014年5月13日 10時0分

統合アカウント管理ソリューション「SecureAMOS」
セキュア・ディー・ビー・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:岩下 敏、以下 セキュアDB)は、企業のシステムのアカウントやパスワードを一元的に管理できる統合アカウント管理ソリューション「SecureAMOS」を、2014年5月14日から販売開始いたします。

「SecureAMOS」
http://www.securedb.jp/secureamos.html


【「SecureAMOS」開発の背景】
セキュアDBは2013年8月にデータベースのセキュリティ・ソリューション・プロバイダとして設立し、SAPデータベースの暗号化ソリューション「SecureDB for SAP」、Windows上で動作するデータベースのファイル暗号化ソリューション「SecureDB for Windows」を開発・提供してまいりました。
昨今、企業のデータベースから情報が漏えいしたり、アカウント管理の不十分さから情報漏えいが発生するケースが増加しており、企業内の複数システムのアカウントを統合的に管理する必要性が求められています。そこで、そのような問題を解決するため、「SecureAMOS」を開発いたしました。
「SecureAMOS」は、複数システムのアカウントを統合的に管理し、アクセスコントロール、監査ログ一元管理などの機能を提供します。これまでのアカウント管理の複雑さや不十分さの問題を解決し情報漏えいを未然に防ぎます。


【「SecureAMOS」の特長】
1.複数システムのアカウントを一元的にロールベースで管理
企業では、人事システム、生産管理システム、物流管理システム、財務管理システム、販売管理システムやメールサーバ、WEBサーバなど多くのシステムが運用されて、日々の企業活動を支援しています。そして、これらの複数のシステムが24時間正常に動作するために、各システム管理者、ソフト開発者、システム運用者など複数の人間が関わっています。しかし、これらの技術者間で同じアカウントを使用しているケースが多く、情報漏えいやデータの変更、改ざん、破壊が行われた場合、追跡が困難であるということは、セキュリティ上大きな問題です。「SecureAMOS」はこれらの複数のシステムのアカウントをロール(役割)ごとに付与し、「SecureAMOS」サーバでアカウントを集中管理することでアカウント管理の手間や時間を削減することが可能であり、システム管理コストを削減できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング