2013年度は1,600名が来場!『自分史フェスティバル2014』8月12日・13日に品川で開催 「自分史オンステージ」の発表者を募集

@Press / 2014年5月8日 15時0分

「自分史オンステージ」参加者大募集
「自分史で日本を元気に!」をビジョンとしている一般社団法人自分史活用推進協議会(本部:東京品川区、代表理事:前田 義寛)は、8月7日の「自分史の日」を記念し、2014年8月12日(火)、13日(水)の両日、東京都品川区総合区民会館(きゅりあん)において『自分史フェスティバル2014』を開催いたします。2度目の開催となる今回は、メインイベントの一つとして「自分史オンステージ」を企画しており、発表者を募集いたします。

http://www.jibun-shi-festival.net/


昨年同時期に開催した、日本で初めて全世代参加型の総合自分史イベント『自分史フェスティバル2013』(江戸東京博物館)は約1,600名が来場する盛況ぶりで、自分史への関心の高さを示す、記念すべきイベントとなりました。
『自分史フェスティバル2014』は大幅にスケールアップした形で開催します。メインイベントの一つとして、「自分史オンステージ」を企画しています。以下の要領で、自分史作品や自分史活用事例を広く募集します。


■「自分史オンステージ」企画概要
 さまざまな自分史作品や活用事例を発表し、自分史活用の魅力を共有するプログラムです。会場となる、きゅりあん小ホールの大型スクリーンを設置したステージで応募作品の全てを発表し、主催者が選定した出演者の方には登壇して発表をしていただく企画です。
*応募数や内容によって、部門や企画内容は変更する場合があります。予めご了承ください。


■「自分史オンステージ」募集要項
以下の主な対象を例示した4部門の中から選択して、応募してください。
4部門とも内容は自由、参加費は無料です。
*共通の注意事項をよくお読みのうえでご応募ください。

1.書籍部門
<対象>
図書や冊子やコピーを束ねた簡易なものなど、主に紙に印刷した自分史作品など

<応募>
申込書と自分史作品を送付してください。

2.ビデオ・デジタル部門
<対象>
ビデオ作品、iPad(タブレット端末)などのデジタルメディアを活用したもの、ウェブサービスを利用した自分史作品など

<応募>
申込書と自分史作品を送付してください。

3.女性・こども・家族部門
<対象>
女性、こどもや家族が主役の自分史作品。二分の一成人式(10歳)の作品、母や祖母の思い出を綴ったもの、女性の職業の歴史を書いたもの、育児日記など

<応募>
申込書と自分史作品を送付してください。

4.自分史活用部門
<対象>
教育研修や能力開発、就職や終活などに自分史を活用している事例。
まちおこし、コミュニティー活動や地域活性化に役立てている事例など

@Press

トピックスRSS

ランキング