ソリトン、PC操作ログ「InfoTrace PLUS」Windowsストアアプリに対応 サイバー攻撃対策を強化

@Press / 2014年5月9日 15時30分

Windowsストアアプリにおけるクリップボードのログ (Skypeで“機密情報”という文字列をクリップボードに保存した場合のログ例)
株式会社ソリトンシステムズ(本社:東京都新宿区、代表:鎌田 信夫、以下 ソリトン)は、国内シェアNo.1(※)のPC操作ログソフトウェア「InfoTrace PLUS(インフォトレース プラス)」をWindowsストアアプリの操作ログ取得に対応するなど、サイバー攻撃対策を強化した新版を、本日より販売を開始します。


サイバー攻撃の深刻化に伴い、PC操作ログ導入の目的は、内部犯行の「抑止効果」から、インシデント発生時の状況把握・証跡として利用する「サイバー攻撃対策」へと変化しつつあります。一方、Windows 8の導入が進むにつれ、新しく追加されたWindowsストアアプリは、保護されたサンドボックス環境で動作するため「サイバー攻撃対策」に役立つレベルの操作ログ取得が難しい点が懸念されています。
今回、ソリトンの独自技術により、InfoTrace PLUS V3.2.9は、Windows 8/8.1のストアアプリの操作ログも取得できるようになりました。OSのカーネルレベルでの記録を実現しているため、ユーザーが勝手にログ取得を回避する恐れもなく、豊富な情報量のログ取得が可能です。


ソリトンはこれまでも、統合ログ分析アプライアンスNetAttest BigData(ネットアテスト ビッグデータ)を開発し、マルウェア対策Zeronaのログと、InfoTrace PLUSのPC操作ログを横断的に分析するテンプレートを提供するなど、早くから「サイバー攻撃対策」としてのPC操作ログに注目し、その運用まで考慮したソリューションに取り組んできました。今後も、InfoTrace PLUSをはじめとした各種セキュリティ製品を強化し、日々進化するサイバー攻撃に立ち向かうトータルなセキュリティソリューションを提供する予定です。

【InfoTrace PLUS V3.2.9 で追加された主な機能(一部抜粋)】
- Windowsストアアプリ操作ログの取得
- Windows 8.1/Windows Server 2012 R2対応
- ログチューニングに役立つ、端末毎のログ件数の集計機能(日毎)、など

http://www.atpress.ne.jp/releases/46119/img_46119_1.png
Windowsストアアプリにおけるクリップボードのログ
(Skypeで“機密情報”という文字列をクリップボードに保存した場合のログ例)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング