オリジン、Tシャツ用高速フルカラーインクジェットプリンターと日本最長炉のコンベアー乾燥機を増設

@Press / 2014年5月12日 13時0分

プリントイメージ
株式会社オリジン(本社:大阪府大阪市天王寺区、代表取締役:茶谷 郁一)は、この度、インクジェットプリンターとコンベアー乾燥機を増設しました。また、これに伴い、大阪市西成区に大阪第2工場を新設、アパレルプリント事業部の工場を移転し、稼働を始めました。

当社のアパレルプリント事業部は、2008年より大型インクジェットプリンターkornit931DS(Konit社製)を導入し、インクジェットプリントを中心としたアパレル印刷サービスを提供しています。近年、インクジェットプリント需要の増加により、生産が追いつかないという状況が発生したため、プリンターの増設、移転に踏み切りました。


■新工場 大阪第2工場のTシャツプリント生産量が約60%増加
新工場には新たに931DSの後継機種であるKornit Avalancheを追加導入し、生産量がこれまでの約60%アップしました。濃色Tシャツへのプリントは、100枚/時間、白Tシャツへのプリントは200枚/時間(A4サイズの場合、カタログ数値)が可能です。
またガス乾燥機はAdelco-Ecotexを導入。これはTシャツプリント用のトンネル乾燥機としては日本最長炉となります。これにより、これまで完全乾燥までに複数回にわたり炉を通す必要がありましたが、乾燥が1度で済むため、時間を短縮でき、人為的なミスによる乾燥不足が無くなりました。
これらの生産性アップにより、新規受注の体制も強化されたため、さらに多くの企業様からの要望に柔軟に対応することが可能となりました。


■Kornit Avalancheについて
Kornit Avalanche(Kornit社製、本社:イスラエル)は、白インクが使用可能な為、濃色生地への印刷が可能であり、シルク印刷に近い独特の風合いが特徴のインクジェットプリンターです。
今まで淡色生地にしか印刷できなかった4色印刷を、白インクの下地を使用することにより、濃色生地への印刷を可能にしました。4色インク自体の発色も非常に強く、白生地への黒インク印刷は他社製がグレーにしか発色しないところ、しっかりとした黒を再現することが可能。定着剤により生地にあまり染み込まず、メリハリのある画像を再現。シルクに近い風合いを可能にしました。また、定着剤、及びインクは自然原料を使用(OEKO-TEX(R)認証済み)する為、そのまま赤ちゃんの着用も可能です。Kornit Avalancheは台座を2基持つ為、印刷中にボディの設置をすることができます。


<大阪第2工場>
〒557-0062 大阪市西成区津守3-6-4


<Tシャツプリントのオリジンインフィニティ>
http://www.origin-infinity.biz/


【株式会社オリジン 会社概要】
社名   : 株式会社オリジン
代表   : 代表取締役 茶谷 郁一
本社所在地: 〒543-0023 大阪市天王寺区小橋町2-1
Tel    : 06-6765-4468
Fax    : 06-6765-4480
事業内容 : CD・DVD・BDのプレス、コピー、各種印刷、紙器、
       アッセンブル、包装、ウエアープリント、
       オリジナルグッズ制作販売
URL    : http://www.originweb.jp

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

Kornit Avalanche Adelco Ecotex

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング