エムオーテックス初のクラウド基盤対応版として、Microsoft Azureに対応したIT資産管理・セキュリティ対策システム「LanScope Cat Ver.8.0」をリリース

@Press / 2014年5月14日 11時0分

エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:河之口 達也、以下 MOTEX)は、MOTEXとして初めてのクラウド基盤対応版として、今後高まるセキュリティシステムのクラウド運用ニーズに対応したLanScope Cat Ver.8.0を5月28日(水)にリリースします。

MOTEXは、LanScope Cat Ver.8.0に対応するクラウドプラットフォームとして、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、以下 日本マイクロソフト)のMicrosoft Azureを採用するとともに、2015年7月にサポートライフサイクルポリシーに基づきサポート終了するWindows Server 2003上でLanScope Catを利用しているお客様の最新環境への移行支援において、日本マイクロソフトと連携して取り組みます。


スマートデバイスやクラウドサービス導入の本格化、公衆インターネット環境の急速な拡大により、デバイスのモビリティが向上し、社内ネットワークに依存しないインターネット環境での業務活用ニーズが高まっています。これに伴い、公衆インターネット利用を前提としたセキュリティへと大きく考え方を変える必要があり、クライアント側でのセキュリティ強化を検討する企業が増加しています。そのような中、Windows Server 2003のサポート終了を控え、新システムの運用プラットフォームとして、従来の自社内サーバー構築ではなく、クラウド活用を検討される企業が増えることが予想されています。


■MOTEXと日本マイクロソフトの連携
MOTEXは、Windows Server 2003上でLanScope Catを利用されているお客様の移行先としてマイクロソフトが2つの国内リージョン(東日本と西日本)で提供しているAzure 日本データセンターに、LanScope Catの導入運用が容易に行えるように、IaaS方式で提供、技術検証、導入テンプレートを含む各種ドキュメントの整備を日本マイクロソフトと連携して実施します。

またMOTEXは、販売パートナー様に対しても同様に、Windows Server 2003で使用されているLanScope CatをAzure 日本データセンターに容易に移行いただくためのトレーニングおよびマーケティングを、日本マイクロソフトと連携して実施します。


日本マイクロソフト 小原様より下記のコメントをいただいています。
「エムオーテックス株式会社様の『LanScope Cat Ver.8.0』のリリースを心より歓迎いたします。エムオーテックス様は、IT資産/PC構成管理ソフトウェア市場でトップシェアの「LanScope Cat」シリーズを、初めてクラウド基盤対応版として提供されるのにあたり、当社のMicrosoft Azureを採用されました。日本マイクロソフトでは、今回のリリースを機にエムオーテックス様とさらに連携し、中堅中小企業向けに加えてエンタープライズ領域でのクラウドサービスの活用促進に取り組んでいきます。」
日本マイクロソフト株式会社 執行役 常務
エンタープライズビジネス担当 小原 琢哉
※ 小原様の正確な漢字表記はリリースのWebページをご参照ください。
  http://www.motex.co.jp/news/release/2014/release14006/

@Press

トピックスRSS

ランキング