日経BPコンサルティング実施 過去最多の全国3,000ポイントで実施した「第3回全国LTE/4Gエリア調査」よりiPhone/Androidともデータ通信速度ダウンロードNo.1はNTTドコモ アップロードNo.1はソフトバンクモバイル

@Press / 2014年5月12日 12時0分

図1
 株式会社日経BPコンサルティング(所在地:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)はこのほど、「第3回全国LTE/4Gエリア調査」を実施し、その結果をまとめました。携帯電話主要3事業者のLTE/4Gのエリア化率、通信速度の実態を調べたもので、咋年7月に続く第3回目となります。5月2日にリリースを出した「スマートフォンユーザーのネットワーク利用実感に関する満足度調査」( http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/news/2014/0502nwus/ )はユーザーの感覚を尋ねたものでしたが、今回の調査では実際つながるかどうかや速度を測定しました。

本リリースURLはこちら
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/news/2014/0512lte/

 第2回調査以降、大阪のあべのハルカスなど新しい複合商業施設が多く登場したことから、今回はショッピングモール/複合商業施設、レジャースポットなど行楽エリアを中心に調査しました。また、過去最多となる全国2,818カ所を対象とし、実際の測定ポイント数も前回の2,147から3,005へと拡大させました。計測端末は今回、NTTドコモが昨年9月から提供を開始した「iPhone 5s」を新たに加え、「Xperia Z1 f」、KDDI(au)「iPhone 5s」、「isai」、ソフトバンクモバイル「iPhone 5s」、「AQUOS PHONE Xx」の6機種としました。
 調査の結果、iPhone、Android端末とも、データ通信のダウンロード速度はNTTドコモが1位でした。一方、アップロード速度は、iPhone、Android端末ともにソフトバンクモバイルが1位。都道府県別に見ると、ダウンロード速度はiPhone、Androidのいずれも全47都道府県でNTTドコモが1位となりました。先日発表した満足度調査でNTTドコモの結果が良かったことが、本調査(実測調査)の結果でも、裏付けられたといえます。アップロード速度ではソフトバンクモバイルがiPhoneで41都道府県、Androidで36都道府県において1位となりました。全国におけるエリア化率は通信事業者、機種によらず99%を超え、つながりやすさが進んだ結果となりました。LTE/4Gでのエリア化率はKDDI(au)のiPhoneが、NTTドコモのiPhoneをわずかに上回って1位となりました。各社が2013年度末にかけてLTE設備の増強・拡大に取り組んだ結果とみられます。

@Press

トピックスRSS

ランキング