M2M市場向けのアンテナ型PHSデータ通信端末を5月12日に発売 “SensorMate(R) TypeA SMA-01”

@Press / 2014年5月12日 14時0分

SMA-01外観(1)
株式会社エイビット(代表取締役:檜山 竹生、本社所在地:東京都八王子市)は、M2M市場向けのアンテナ型PHSデータ通信端末「SensorMate(R) TypeA SMA-01」を2014年5月12日から発売します。


【製品の特長】
<様々な機器を簡単にモバイルネットワーク接続>
モバイル回線を利用したM2Mへの期待が高まっている中、データの収集・機器の制御を行うために誕生したSensorMate(R)シリーズは、機能をM2M市場向けに特化させた、ユニークなデータ通信端末です。
第一弾である「SensorMate(R) TypeA SMA-01」は、エイビット独自の「低消費電力PHS通信モジュール」をアンテナ台座部分に組込みを行った製品で、USB接続により、様々な装置に対し簡単にデータ通信機能を提供します。制御は汎用モデムと同様のATコマンドで行います。PHSデータ通信の特徴を生かした、各種センサーネットワークや接点監視等の低データレート通信に威力を発揮します。病院内で使用する装置のような低電磁波が求められる環境にも設置可能です。

<防塵・防滴仕様>
防塵・防滴仕様(IP54)なので、屋外への設置も可能です。
塵や埃が多く、水はねの恐れがあるような厳しい環境でも、安定した運用を実現します。

<グローバルなデータ通信方式に対応予定>
今後、本製品と同様にGSM、W-CDMA、LTE及び920MHzと、それぞれのバンドに対応する通信モジュールを搭載したモデルの開発も進めており、より高速なデータ通信や海外向け装置への組込みにも使用可能な製品を提供して参ります。

<用途・応用>
・自動販売機
・太陽光発電システム
・コインパーキング
・無人端末機
・証明写真撮影機
・コインロッカー 等

<諸元>
■SensorMate(R) TypeA SMA-01
サイズ(W×H)    :約65×120mm(USBケーブルを除く)
質量        :約160g
通信方式      :PHS(RCR STD-28)
変調方式      :π/2シフト BPSK、π/4シフトQPSK、8PSK、
           16QAM、32QAM、64QAM
データ通信方式   :パケット(1x、4x)、PIAFS
アンテナ      :内蔵単一型
制御方式      :ATコマンド
対応OS       :Windows、Linux
外部インターフェース:USB1.1 Aプラグ ケーブル長200cm
防水/防塵      :防塵防滴(IP54)
動作電源電圧    :DC5.0V ±5%
動作温度範囲    :-10℃~+60℃(結露しないこと)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング