社会起業塾イニシアティブ2014 募集開始!~社会課題解決という生き方を選択する若者たち

@Press / 2014年5月14日 11時0分

NPO法人ETIC.(エティック)では、2002年より、20代・30代を対象とした「社会起業塾イニシアティブ」を実施しています。このプログラムは、社会的起業の中でも、スタートアップ期の事業の成長・加速をサポートする、約半年間のプログラムで、これまでに69団体を輩出してきました。

プログラム参加者の中には、学生時代から活動を始めていたNPO法人かものはしプロジェクトの村田 早耶香さんや社会人での経験をもとに起業をした、ケアプロ株式会社の川添 高志さん、社会人として働きながら活動を続けていた、NPO法人クロスフィールズの小沼 大地さんなどがおり、若い世代の社会起業への関心が高まりを感じるとともに、生き方・働き方の職業観が変わってきていることを実感しています。

2014年度も、このような社会課題を事業で解決することを目指す起業家を募集します。
今年度も、昨年度と同様に、NEC、花王株式会社、横浜市がパートナー企業として参画、また、株式会社電通にプログラムパートナーとしてサポート頂き、最大9組の起業家を募集します。「IT」「家族」などのテーマの事業を重点課題とするほか、今年は、特に、プログラム開始前に開催する3回の講座と、期間中のプログラムとをつなげ、また、先輩起業家や本プログラムの参加OBOGから継続的にアドバイスをもらう体制をさらに強化する予定です。

また、5月21日は募集のためのOBOG起業家によるトークイベントを開催します。ぜひご参加ください。

■社会起業塾イニシアティブ2014 参加募集概要
応募方法・詳細はこちら⇒ http://www.etic.or.jp/svip/

・対象となる事業
(1) 社会的課題の解決を目的に行われる事業(営利法人/非営利法人は問いません)
(2) 量(優れたモデル性による影響の拡大など)、あるいは質的に卓越した社会的インパクトの創出(政策や社会システムの変革など)を志向する事業

・対象となる団体
(1) 顧客/当事者に対してサービスやプログラムを提供した実績があるなど、
すでに事業や活動を開始していること(法人化の有無は問いません)
(2) 代表者をはじめ、活動の中心メンバーが35歳程度であること(学生・社会人の区別は問いません)

・募集団体
NEC社会起業塾4団体、横浜社会起業塾1団体、花王社会起業塾3団体の最大9組選定します。

・選考スケジュール
2014年6月 2日(月) 昼12:00 エントリー締め切り
   6月16日(月) 1次選考結果連絡
    (1次選考通過者は連続3回の講座に必須参加)
    第1回 6月21日(土)/第2回 7月6日(日)/第3回 7月19日(土)
   8月6日(水) 最終選考会

・プログラム期間
2014年8月31日~2015年3月


■トークイベント概要
「Entrepreneur Cross talk LIVE!『スタートアップに無駄なこと、そして大切なこと』」

・日時
2014年5月21日(水)19:00~21:00

・場所
渋谷ヒカリエ 8/COURT( http://www.hikarie8.com/access/ )

・登壇者
岩切 準氏(NPO法人夢職人 代表理事)/熊 仁美氏(NPO法人ADDS 共同代表)/宮治 勇輔氏(NPO法人農家のこせがれネットワーク 代表理事)/山本 繁氏(NPO法人NEWVERY 理事長)

・ファシリテーター
岩田 拓真氏(株式会社a.school(エイスクール)CEO(校長))

・申込
http://www.etic.or.jp/svc/seminar/354 より申込みください。


▼これまでに参加したOBOG団体
NPO法人フローレンス、NPO法人カタリバ、NPO法人かものはしプロジェクト、NPO法人NEWVERY、ケアプロ株式会社、株式会社HASUNA、シュアールグループ、NPO法人クロスフィールズ、NPO法人3keys、NPO法人ブラストビート等


▼参加OBOGコメント
・認定NPO法人かものはしプロジェクト 共同代表 村田 早耶香さん
 (2003年度参加メンバー)
 ~学生時代から活動を開始

志を持つ同士や先輩たちと繋がれたこと。解決したいと動いている社会課題は違っても、ぶつかる壁は似ていて、互いに情報交換することで、解決するためのヒントをもらうことができました。

・ケアプロ株式会社 代表取締役社長 川添 高志さん
 (2008年度参加メンバー)
 ~社会人での経験をもとに起業

起業塾は「誰かが困っていて、それを事業を通して解決したい」と思ったときに、本気で応援してくれる場所。起業塾の6ヶ月間は、ミッションに向けて、諦めず、失敗を恐れずに挑戦し、一人でも多くの人に協力を得ようと努力を続ける中で、やれば出来るんだという自信を得ることが出来ます。

・HASUNA Co., Ltd. 代表 白木 夏子さん
 (2009年度参加メンバー)
 ~国際機関・金融業界を経て起業

教えられる受動的な場ではなく、自分から積極的に学びに行き、考え方や行動の仕方を学んでいくことで充実する場でありました。そんな中で"チェンジメーカー"としてのビジョンを考える土台作りができたことに、最も価値があったと感じています。


▼プログラム期間
【プログラム期間】
・ 8月31日~ 9月 1日:キックオフ合宿
・11月 2日~11月 4日:中間合宿
・12月10日     :中間報告
・ 3月12日     :最終報告会

期間中:自主バーチャルボードミーティング(仮想理事会)実施(2回以上)、
    ETIC.コーディネーターとの面談1~2週間に1回

【フォローアップ期間】
・3月下旬~:パートナー企業社内交流会

期間中:フォローアップ研修/インターンコーディネートサポート/
    プロボノ支援等


▼運営体制と各社のサポート事例
【主催】        NPO法人ETIC.
【パートナー企業・団体】NEC、横浜市、花王株式会社
【プログラムパートナー企業】株式会社電通

NEC:NEC社会起業塾(2002年~)
株式会社プラスリジョン( http://www.plusligion.com/ )によるヘルシーメニューを本社食堂で導入したり、NECのタブレット端末を活用した実証テストをNPO法人シュアール( http://shur.jp/ )と実施しています。また、NEC社員によるビジネスサポーター制度( http://servicegrant.or.jp/nec/ )もおこないます。

横浜市:横浜社会起業塾(2009年~)
「教育」「環境」「子育て」「福祉」等、横浜が抱える課題を事業によって解決しようとする起業家をサポートしています。横浜市内の関連団体や中小企業などとの連携を積極的におこない、事業の加速を目指します。

花王株式会社:花王社会起業塾(2010年~)
家族を取り巻く課題の解決に目を向けている起業家を特に支援しています。また、プログラム期間修了後も、参加団体が新たなプロジェクトリーダーとなる人材の獲得や事業の新規展開、加速が可能となるよう継続的にフォローを実施しています。


▼NPO法人ETIC. ~人をつくる、社会をつくる、日本をつくる
新しい事業づくりを通して次世代社会を創り出すことに挑戦する起業家型リーダーを育成・輩出し、社会に新しい生き方・働き方のスタイルを提案するNPO法人。ベンチャー企業やNPO、大手企業の新規事業部などで、学生が責任のあるポジションにたち、事業の成功に貢献することを目指して取り組む「長期実践型インターンシップ」(97年~)、社会起業家を志す若者の事業プランコンペティション「STYLE」(02年~)、社会事業を立ち上げる若者を支援する「NEC社会起業塾」(02年~)、地域に根付いた若者の挑戦機会を創り出す事業を応援する「チャレンジコミュニティ創成プロジェクト」(04年~)などを実施し、現在では全国30地域で人材育成プログラム等がスタートしている。東日本大震災を受け、「震災復興リーダー支援プロジェクト」も開始する(11年~)。年間、約500名の大学生を中心とする20代の若者にプログラムを提供。現在までに400名以上の起業家を輩出。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング