「生きている証」をスマートフォンで!iOS、Android対応のクラウド型ライフログサービス「ALIVE」スタート

@Press / 2014年6月3日 10時0分

「ALIVE」
 合資会社インターネットカンパニー(所在地:千葉県松戸市、代表者:秀島 広宣)は、「生きている証を残すプロジェクト」として、クラウド型ライフログサービス「ALIVE(アライブ)」のスマートフォン、タブレット用アプリを6月3日より提供開始致します。
※ライフログ…人間の日々の生活や活動の記録

WebサイトURL: http://www.alive.jp.net/


■「ALIVE」サービス誕生の背景
 世の中の多くの人が、「生きている証」、「生きてきた証」を何らか残したいと何度かは考えたことがあると思います。「ALIVE」はそのような願いに対し、スマートフォンを使ってその実現を支援するアプリケーションサービスです。
 当サービスは、スマートフォンなどから日々の生活の記録を設問に答える形で記録し、自分が生きていること、生きてきたことの記録としてこれらを振り返ることで、生き方を見直す際には最もリアルなデータとして活用することができます。
 利用者が生きた証を残すことで、「自分はこういう風に生きた」と、日々を積極的に有意義に生きようとすることを願い、当サービスを「ALIVE」と名付けました。


■特長
(1) 設問に答える形で楽々入力
 スマートフォンやタブレットから、「何をした?」、「どこに行った?」、「誰と会った?」、「何を食べた?」、「何を買った?」などの設問(システム中では、「タグ」と呼んでいます)に答える形で、非常に簡単に日々の行動が記録できます。タグはユーザーが個別に追加・編集できます。

(2) データはクラウドに保管
 登録データはクラウドのサーバーに保管されるため、データ逸失の危険がございません。複数の端末からの利用や、スマートフォン等の機種変更時にも手間が掛かりません。

(3) 完全にクローズなデータ環境
 当システムは完全にクローズ環境の個人別のログデータベースです。このデータベースに記録されたデータは、他には公開されませんので、SNSソフトに比較して、他人の目を気にすることなく利用いただけます。

(4) 記録データの印刷も可能
 登録されたログデータはPDFファイルとして、直接お手持ちのプリンターで印刷したり(使用機器によっては、パソコンの使用が必要となる場合があります)、パソコンなどに保存したりできます。

(5) iOS、Androidにも両対応、同時リリース
 アプリソフトはiPhone(iOS 6以降、iPad、iPad miniでも使用可)とAndroid OS(Ver 4以降)の両OSの機器にそれぞれ対応しており、スマートフォンでもタブレットでも利用いただけます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング