マイクロテクノロジー、ThingWorxとValue Added Reseller契約を締結 ~ 高付加価値パートナーとしてソリューションサービスの拡大に貢献 ~

@Press / 2014年5月13日 16時30分

ThingWorx
組込み開発ソリューションプロバイダーのマイクロテクノロジー株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:石松 伸一)と、PTC社(本社:マサチューセッツ州、PTC社長 兼 最高経営責任者(CEO):ジェームス・E・ヘプルマン)の一部門で、モノのインターネット(IoT)プラットフォームの大手プロバイダーであるThingWorx(TM)は、日本国内でのValue Added Reseller(高付加価値パートナー)契約締結を発表しました。このパートナーシップは、日本国内におけるIoTソリューションの需要の高まりに対応するものであり、ThingWorxのソリューションサービスの拡大を可能にします。

マイクロテクノロジー: http://www.microtechnology.co.jp
ThingWorx      : http://www.thingworx.com/


ThingWorxのプラットフォームは、IoT/M2Mアプリケーションを短期に設計、構築、管理するために必要な多数のアプリケーション、統合化可能なソフトウェアコンポーネントやスキルを提供します。さらに、ThingWorx、ThingWorxのパートナー、サードパーティデベロッパー、独立系のハードウェアベンダーやソフトウェアベンダーが構築したコンポーネント等のラインナップにより、IoTソリューションの技術、ツールおよび専門知識を提供し、IoT/M2Mバリューチェーンのすべての要素に付加価値を与えます。

ThingWorx社長ラス・ファデルは、次のように語っています。「PTC社によるThingWorxの買収は、当社のパートナーネットワークを通じて、拡大するグローバル需要に対応することを可能にします。当社のパートナープログラムは、優れた顧客価値を創造し、革新的なThingWorxソリューションの採用を推進します。当社が活動するすべてのグローバル市場でパートナーネットワークを拡張することによって、顧客によりよいサービスを提供できることを確信しています。」

マイクロテクノロジー株式会社の代表取締役社長である石松 伸一は、「私たちは以前から、日本におけるM2Mサービスの需要の高まりを予測してきました。今回のThingWorxとの提携関係を通じて、当社が、このマーケットでのアドバンテージを活かすことが可能になり、アプリケーションプラットフォームを含めた包括的なサービスを提供することができます。」と述べています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング