ソリトン、PCログオン認証ソフト「SmartOn ID」、新オプションを発表 - NEC製 非接触型指ハイブリッドスキャナに対応 -

@Press / 2014年5月13日 16時30分

利用イメージ
株式会社ソリトンシステムズ(本社:東京都新宿区、代表:鎌田 信夫、以下 ソリトン)は、PCログオン認証ソフトウェア「SmartOn ID(スマートオン アイディ)」を、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:遠藤 信博、以下 NEC)製「非接触型指ハイブリッドスキャナ(以下 指ハイブリッドスキャナ) HS100-10」に対応、新オプション「SmartOn ID 指ハイブリッド認証」として2014年5月13日より販売開始します。


SmartOn IDは、ICカードを使いPCログオン時の多要素認証を実現する、国内トップシェア(註1)のソフトウェアです。従来、多要素認証には、携帯性や運用性に優れ、社員証などとも兼用できるICカードが多く採用されていましたが、情報資産の重要性が増し、またマイナンバー制度の運用開始を控え、生体認証との併用により本人認証の強化を求められています。一方で、生体認証にはその精度や衛生面、残留指紋の不正採取などのセキュリティ強度の課題がありました。
SmartOn 指ハイブリッド認証では、これらの課題を克服した世界最高レベルの厳密な認証制度を誇るNEC製「指ハイブリッドスキャナ」に対応することで、認証の強化を図り、情報資産を守るためのソリューションを提供します。

(註1) 株式会社富士キメラ総研「2013 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」デバイス認証ツール分野にて国内シェアNo.1


■SmartOn ID 指ハイブリッド認証オプションの特長
・選択可能な認証方式
「ICカードのみ」、「生体情報のみ」、「ICカード+生体情報」の3種の認証方式に対応、利用者や利用端末の用途などに合わせ選択することが可能です。
<参考:利用イメージ>
http://www.atpress.ne.jp/releases/46286/img_46286_1.jpg

・生体情報登録の権限委譲
生体情報の利用に際しては、事前の生体情報登録が不可欠です。物理的に離れた拠点においても登録作業が可能なよう、生体情報の登録だけを行える管理者など任意の権限を割り当てた管理者を設けることができます。


■製品詳細
【URL】 http://www.soliton.co.jp/smartonid/


■指ハイブリッドスキャナ HS100-10の特長
・世界最高レベルの厳格な本人認証
米国国立標準技術研究所(NIST:National Institute of Standards and Technology)主催のバイオメトリクス技術ベンチマークテストで、世界No.1評価を獲得。「指紋照合技術」、および独自開発した「指静脈認証技術」のフュージョン照合により、世界最高レベルの照合精度(他人許容率 0.00001%以下)を実現しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング