TMS、DLEが手がける、初の海外向けオリジナルアニメコンテンツ「ANISAVA」 オフィシャルミュージックビデオソングがiTunesにて世界配信開始!

@Press / 2014年5月14日 10時30分

ジャケット
「それいけ!アンパンマン」「ルパン三世」「名探偵コナン」等で知られる日本屈指のアニメーション制作会社 株式会社トムス・エンタテインメント(本社:東京都中野区、代表取締役社長:鈴木 義治)と、「秘密結社 鷹の爪」などで知られる株式会社ディー・エル・イー(本社:東京都千代田区、代表取締役:椎木 隆太)が共同タッグで制作している、海外向けオリジナルアニメコンテンツ『ANISAVA(アニサバ)』(1話5分/TVシリーズ)。同コンテンツのオフィシャルミュージックビデオソング「Doscoi Disco」が、5月14日よりiTunesにて世界配信される。


同アニメは、成年層の海外アニメ市場をメインターゲットにした完全大人向けのオールイングリッシュラブコメディで、まさにアニメ版セックス・アンド・ザ・シティといったところ。キャラクターデザインはスペインの人気デザイナー集団「Kukuxumusu(ククシュムシュ)」が手がけている。現在、海外向けアニメ動画配信サイト「Crunchyroll(クランチロール)」にて配信予定。

この新しいグローバル企画コンテンツを世界に発信させる足がかりとして、オフィシャルミュージックビデオ「Doscoi Disco」が制作された。起用された音楽は、日本が世界に誇る国技「相撲」をモチーフに少々「ANISAVA」的な“オトナの悪ノリ”も散りばめたアッパーソウルディスコチューンで、今回のiTunes配信では「Doscoi Disco e.p.」として同曲のリミックス2曲も含め計5曲が同時配信される。

国内外の流行発信型映像コンテンツの音楽を数多く手がけクラブシーンを中心に活躍するサウンドクリエーター Plus-Tech Squeeze Box(プラスティック・スクイーズ・ボックス)が音楽を担当、共同作詞曲及び歌唱には、現在広告業界を中心にその才能と日本人離れした歌唱力で大きな注目を浴びている日本人ハーフの若手気鋭シンガーソングライター兼ヴォーカリスト JUNを迎え、聴き応え、踊り応えあるダンスミュージックが完成した。
リミックスには、圧倒的なライブパフォーマンスでデビュー当初から2年連続でFUJI ROCK FESTIVAL出演等、海外からもアツい支持を受けている、ダンスロックインストバンド「Mop of Head(モップ オブ ヘッド)」のGeorgeが友情参加。

「Doscoi Disco」ANISAVAオフィシャルミュージックビデオ 映像
https://www.youtube.com/watch?v=z75aIzG9Uhc

@Press

トピックスRSS

ランキング