世界初!?泣きたい放題住宅『“涙活(るいかつ)支援住宅”』発売のお知らせ ~涙活プロデューサー・寺井広樹氏 認定~

@Press / 2014年5月14日 9時30分

一生大切にしたい。宝物のように愛しい家づくりを提案するトレジャーホーム株式会社(本社:三重県亀山市、代表取締役:池村昭人)では、2014年5月14日より、全米感涙協会(会長=涙活プロデューサー 寺井広樹氏)認定、思い切り泣ける注文住宅『“涙活(るいかつ)支援住宅”』の発売を行います。

URL: http://treasure-home.jp/cry/


【提供の背景】
職場ストレス・家事ストレス・育児ストレスなど…現代はストレス社会とも言われるように、多くの人がストレスにさらされながら生活をしています。厚生労働省「平成22年国民生活基礎調査の概況」によれば、「ストレスを感じる」と回答した人の割合は46.5%となっており、約半数がストレスを感じながら生活をしていることが分かります。

ストレス解消法の一つとして、「涙」を流すことがあります。悲しいときや感動したときに泣くことで、脳が緊張やストレスに関係する交感神経から、リラックス状態の副交感神経へ切り替わり、ストレスの緩和に有効であることが医学的にも証明されています。

そこで、体にも心にも優しい「ストレスフリー住宅」を提案しているトレジャーホームでは、家族との団欒を楽しむ「家族時間」と、一人でリラックスできる「自分時間」の切り替えが家の中でできること、感動的な映画や動画、心に響く音楽や本などで、定期的に涙を流す機会を設けることがストレス軽減に繋がると考え、『“涙活(るいかつ)支援住宅”』を発売することになりました。


【『“涙活(るいかつ)支援住宅”』の概要】
■ポイント1) ホームシアターを完備
臨場感たっぷりの大画面と、サラウンド効果抜群の音響システムで、映画館さながらの迫力や感動を自宅で体感することができます。非日常空間の中で、ハンカチ片手に泣ける映画や動画を存分にお楽しみ下さい。

■ポイント2) “涙ソムリエ” セレクト「泣ける映画」付き
手軽に上質の涙を流せる方法として、「泣ける映画」を観ることは効果的な方法です。年間約1,000本の映画を見る“涙ソムリエ”嵯峨崇司氏がセレクトする、世代や時代を越え万人の心を打つ「泣ける映画」を、毎月1本ずつ、7年9ヶ月間お届けします。

■ポイント3) “涙ソムリエ”セレクト「泣ける小説」付き
「アルジャーノンに花束を」(ダニエル・キイス)、「手紙」(東野圭吾)など、読むと思わず涙が溢れて切ない気持ちになれる「泣ける小説」を、毎月1冊ずつ、7年9ヶ月間お届けします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング