MapR Technologies、2014年度第1四半期、記録的な成長を達成 業界最先端のHadoopプラットフォームが、企業のビッグデータ活用と成長に貢献

@Press / 2014年5月15日 13時0分

ロゴ
* このプレスリリースは、2014年5月5日米国発、プレスリリースの抄訳です。
http://www.mapr.com/company/press-releases/mapr-reports-record-growth-first-quarter-2014


Hadoopのリーダー企業である米国MapR Technologies社(以下MapR)は、米国時間2014年5月5日、本年度の第1四半期の受注件数が対前年同期比の3倍であったことを発表しました。MapRの売上の90%はサブスクリプションベースのライセンスによるもので、ソフトウェア企業としては高い利益率と安定した売上を達成しています。

また、記録的な受注件数に加え、MapRは注目に値する諸点として以下を挙上げています。

● あるエンタープライズ企業からの報告によると、同社はMapRの活用により、10億ドル以上の増収を達成。

● 金融サービス、ネットワーキング/コンピュータ、ソフトウェア、オンライン/ウェブ、広告メディア、テレコム、市場調査の各業界で、少なくとも1社以上は100万ドル以上のMapR製品を購入。

● MapRは、北米以外で10カ国に事業を拡大。

MapRの代表取締役会長兼CEOのジョン・シュローダーは次の通り述べています。
「対前年比で3倍の受注となったのは、MapRが各市場においてエンタープライズが求めるHadoopの要望に対応してきたことの証です。世界中の急成長するエンタープライズが、強固な収益構造と成長、コスト削減、そしてリスクの軽減を追求する中で、弊社の技術とHadoop関連の広範なサービスを支持してくださっています。」

その他、今四半期では以下の達成もありました。

◆ 米国フォレスターリサーチ社の「フォレスターウェーブ(TM)2014年度第1四半期ビッグデータHadoopソリューションズ報告書」において、MapRのHadoopディストリビューションとサービスが全ベンダの中で最高点を獲得。

◆ ビッグデータ分析データベースプラットフォーム「HP Vertica」とエンタープライズグレードのHadoopディストリリビューション「MapR」の統合ソリューションを発表しました。このインタラクティブなSQL-on-Hadoopソリューションは、Hadoop上のデータを従来の構造化データと同様に扱うことを可能にし、分析業務の生産性を改善します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング