商品やサービスのリアルな「買われ方・選ばれ方」を分析し消費者の購買行動プロセスを図解するWEB図鑑「消費者行動図鑑」オープン

@Press / 2014年5月16日 10時0分

消費者行動図鑑 トップページ
マーケティングサイエンスを専門とするシンクタンクの株式会社コレクシア(東京都新宿区、代表取締役:村山 幹朗)は、市場にある様々な製品やサービスが、実際「消費者にどう選ばれ、買われているのか」という消費者行動・購買行動を分析し、インフォグラフィクスで図解した「消費者行動図鑑」( http://kawarekata.com/ )を、2014年5月16日より開始いたしました。消費者行動・購買行動に特化した分析サービスとして、「商品の買われ方・選ばれ方」を軸に、マーケティングやビジネスの様々な課題を解決する為のソリューション、及びコンサルテーションを展開して参ります。


■「消費者行動図鑑」提供の背景と趣旨
<実はあまり知られていない、実際の買われ方・選ばれ方>
売上予測モデルの構築にも、製品開発にも、コミュニケーションプランニングにも、ARPPUを増やす為の施策にも、効果的な店頭導線を張るにも、消費者が「どうモノを選び、買っているのか」を知ることは重要です。消費者行動はおよそ全てのマーケティングの根底に通じ、アカデミアでは古くから研究が重ねられてきました。しかし、近年のICTの進化、SNSやスマートフォンの普及、オムニチャネル化などに伴い消費者の購買行動が多様化・複雑化する一方、実際の商品についての購買行動研究は少なく、実務家が自社商品や他社商品がどう選ばれ買われているのか、容易に把握できないのが現状です。

<購買や選択という結果に至る、「過程」を理解することの重要性>
近年大量データへの関心が高まる一方、ビッグデータをどうビジネスに活用するかという問題は残されています。大量データから何かしらのパターンや傾向を発見することはできても、それが直ちにビジネスに使えるとは限りません。ビジネスに活用するには、それらの結果が生み出された“過程”を知ることが重要となります。例えば、POSやポイントデータは、「誰がいつどこで買ったか」という行動の“結果”は分りますが、「何故それを選んだのか、どういう意思決定を経て購買したのか」という行動の“過程”については教えてくれません。しかし効果的な施策を打つには、この「何故?どうやって?」を消費者の行動過程の中で理解し、態度や行動の変化を促すことが必要になります。同様に、「どうすればもっと来店してもらえるか、リピートしてもらえるか」を知るには、その行動が起こる前後の文脈を知ることが必要ですし、O2Oでも、OnlineとOfflineの間に消費者側で起こっていることに対する理解があって初めて効果的な導線が張れます。

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング