日本ソナス・ネットワークス 音声レガシー網からAll IP化への変換期に向けた事業戦略を発表 サービスプロバイダへの販売と協業強化

@Press / 2014年5月20日 15時0分

SBC_7000
日本発 - 日本ソナス・ネットワークス株式会社(本社:東京都渋谷区、カントリーマネージャー:仁枝 かおり、以下 ソナス)は、5月20日、当社の音声レガシー網からAll IP化への変換期に向けた事業戦略を発表しました。
当社のSBC(セッション ボーダ コントローラ)は、SIP(セッション イニシエーション プロトコル)ベースのアプリケーションを配信可能とするエンドツーエンドソリューションを提供します。新製品投入と2014年2月に買収を完了したPerformance Technologies社のモバイル向けDiameterテクノロジーの融合(*後記)をすることにより国内のサービスプロバイダへの販売を強化します。

また、法人ユーザービジネスに関しては、サービスプロバイダと協業し、より高品質なボイスソリューション提供の実現を図ります。


【背景】
近年、VoLTE(Voice over LTE)やWebRTC(Web Real-Time Communication)等のIPをベースとしたリアルタイムコミュニケーション技術の発展に伴い、従来のTDM(時分割多重装置)ベースのアナログ電話網からAll IPネットワークへの移行が急速に進展していく中、3GPP(3G/4G移動体通信システムの標準化プロジェクト)とGSMA(移動体通信事業者の業界団体)によるVoLTEローミング相互接続及びIMS(IP Multimedia Subsystem)事業者網間の相互接続(日本国内の場合はTTC)、W3Cが提唱するWebRTCなどの標準化に対応したAll IP化インフラの早期構築が望まれています。

企業内の働き方の変革により、今までの電話、メール等の企業インフラから、ユニファイドコミュニケーション環境、つまり音声通話会議や電話会議、ビデオ通話・会議、所在(プレゼンス)管理、インスタントメッセージング(IM)、Web会議、画面共有などの機能を一体的に実現する環境実現へと進化しています。

また、今までレガシーPBXを導入されていたお客様が音声をIPインフラに統合しコスト削減を図る機会が増加しています。


【ソナスの取り組み】
リアルタイムコミュニケーションを支えるAll IPネットワークへの移行においてキャリア間に必要となる、セキュアで標準に準拠した相互接続を行うためのセッションボーダコントローラを提供し、堅牢で安定的なネットワーク構築を実現します。
VoIP市場の変革期にソナスは音声技術のトッププレイヤとして更なるサービスプロバイダへの販売および協業強化を図っていきます。

@Press

トピックスRSS

ランキング