「フレッツ・テレビ」及び「スカパー!プレミアムサービス光」の商用ネットワークを用いた4K映像伝送の成功について

@Press / 2014年5月21日 15時0分

 スカパーJSAT株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:高田真治、以下 スカパーJSAT)、東日本電信電話株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山村 雅之、以下 NTT東日本)、西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役社長:村尾 和俊、以下 NTT西日本)、日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鵜浦 博夫、以下 NTT)は、「フレッツ光」を利用し、地上デジタル放送やBSデジタル放送、専門チャンネルをご視聴いただける放送サービス「フレッツ・テレビ※1」や「スカパー!プレミアムサービス光※2」の商用ネットワークを用いて「フレッツ光」1回線に既存のHDサービス(地上デジタル放送・BSデジタル放送など既存サービスで提供している全てのコンテンツ)と、毎秒60フレームの4K映像を同時に伝送し、且つ複数台のテレビで同時に視聴することに成功しました。

 これにより、将来的にご家庭で「フレッツ光」1回線を通じて複数台のテレビで4K映像などを視聴することが可能※3となります。また、「フレッツ光」と「フレッツ・テレビ」及び「スカパー!プレミアムサービス光」は、映像とインターネット通信(上り・下り)を独立して伝送する特徴を持つため、大容量の4K映像の視聴と同時にインターネットを利用しても、インターネットの通信に遅延などの影響を与えることなく、高品質な4K映像を視聴することが可能となります。

 なお、今回実現した内容を、NTT東日本エリアにおいては「光HOUSE新宿」、NTT西日本エリアにおいては「グランフロント大阪」にて期間限定で展示いたします。

 今後も、スカパーJSAT、NTT東日本、NTT西日本、NTTは「フレッツ・テレビ」及び「スカパー!プレミアムサービス光」による4K放送サービスの提供に向けて引き続き検討を進めてまいります。

※1 「フレッツ・テレビ」はNTT東日本・NTT西日本の提供する電気通信サービス「フレッツ光」及び「フレッツ・テレビ伝送サービス」と、スカパーJSATの提供する放送サービス「オプティキャスト施設利用サービス」を契約することにより、地上デジタル放送・BSデジタル放送などを受信することが可能となるサービスです。
※2 「スカパー!プレミアムサービス光」は、スカパーJSATの提供する放送サービスであり、「フレッツ・テレビ」をご利用のお客様が、スカパーJSATと契約することにより、専門チャンネルを受信することが可能となるサービスです。
※3 将来的に策定される4K放送の放送規格に依存するものを除きます。

@Press

トピックスRSS

ランキング