DSP『Bypass(バイパス)』、サイズミック・テクノロジーズ(株)が提供するデジタルキャンペーン管理プラットフォーム『Sizmek(サイズミック) MDX』と連携

@Press / 2014年5月19日 15時45分

 ユナイテッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長CEO:早川与規、証券コード:2497)は、提供するDSP(※2)『Bypass』(http://www.bypass.jp/ja/)が、サイズミック・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:布施一樹)の提供するデジタルキャンペーン管理プラットフォーム『Sizmek MDX』との接続を完了しましたのでお知らせ致します。

 拡張性に富んだ『Bypass』の配信機能と『Sizmek MDX』を利用した第三者配信の連携により、HTML5 スタンダードバナーの配信が可能となり、認知獲得から購買誘因に至るまでのキャンペーンの総合的な設計に基づいた配信や、クリエイティブと予算の効果測定を行い、デジタルキャンペーンの広告効果を向上させることができます。
 従来、Flash に対応していないスマートフォンには、動画などのリッチメディア広告の展開は難しいとされていましたが、この度の『Sizmek MDX』との連携で HTML5 のバナー配信が可能となり、スマートフォンへのリッチメディア広告の展開が容易となりました。さらに、1つの HTML5 バナーを PC にもスマートフォンにも配信することにより、制作時間の短縮と効果測定の効率化を図ることができます。
 また、今後は『Bypass』での動画を活用したHTML5リッチメディア広告への対応も予定しており、より多彩なクリエイティブでの広告配信が可能になる見込みです。

 今後も『Bypass』は広告配信プラットフォームDSPとしてマーケットニーズに応じた機能を拡張し、広告主の満足度向上を図りながらいっそうの事業拡大を図ってまいります。

(※1)HTML5バナーとは
 Webページの記述などに用いる言語であるHTMLの第5版で制作される、主に動画等を活用した広告バナーのことで、一般的なPC/スマートフォン/タブレットで動画再生が可能。
(※2) DSP(Demand Side Platform)とは
 設定した配信ロジックに従って、最適なユーザーへ広告を配信し広告効果の最大化を狙う、デマンドサイド(広告主側)の広告管理プラットフォームのこと。


■サイズミック・テクノロジーズ株式会社について
 全世界48ヶ国に拠点を持つグローバル企業であり、米国IAB (Interactive Advertising Bureau)の評価測定ガイドラインに準拠した、世界標準のソリューションとして、スマートフォンやソーシャルメディアを含むマルチチャネルへのリッチメディア広告配信と一元管理、効果測定を実現するデジタルキャンペーン管理プラットフォーム『Sizmek MDX』を提供しています。また、HTML5 のリッチクリエイティブを容易に制作できるツールとして HTML5 Factory も提供しています。例えば、YouTube JavaScript Player API が既に HTML5 Factory に組み込まれていますので、YouTube のプレイヤーを埋め込んだクリエイティブを簡単に制作するといったことも可能です。


■『Bypass』について
 2012年4月にスマートフォン特化型広告配信プラットフォームとしてサービスインし、国内外問わず複数のSSPと接続することで国内最大級のスマートフォンRTB在庫を確保しております。2013年8月にはPCへの広告配信を開始し、2014年4月時点でマルチデバイスDSPとして2,000社を超える広告主にご利用頂いております。


■会社概要
ユナイテッド株式会社
本店所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-5 アライブ美竹
設立日:1998年2月20日
代表者:代表取締役会長CEO 早川 与規 (はやかわ とものり)
資本金:1,840百万円 ※2013年3月末現在
U R L:http://united.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング