~別府温泉藻類 RG92が糖化型脱毛症を抑制~糖化による新規脱毛メカニズムを提唱 第8回 世界毛髪研究会議にて発表

@Press / 2014年5月20日 11時30分

AGEは間葉系 - 表皮系相互作用を阻害し脱毛症を惹起する
 ヘアケア、スキンケアに関する研究開発および総合サービスを提供する株式会社サラヴィオ化粧品(本社:大分県別府市、代表取締役社長:濱田 拓也)は、エイジング研究を進め、新たに糖化物質(AGE)による脱毛・薄毛のメカニズムを解明しました。

 年齢とともに増加する終末糖化産物(AGE)は、多くの老化現象に深く関与していることが知られていますが、これまでにAGEと毛髪成長および脱毛症の関係は未知のままでした。

 当社は、発毛の根幹をなす毛乳頭細胞の機能や間葉系 - 表皮系相互作用に及ぼすAGEの影響についての調査を行ってまいりました。その結果、AGEは毛乳頭細胞においてNF-κBを介して炎症性サイトカインの発現を増強させることにより、毛母細胞の増殖を抑制することが判明しました。

 さらに、当社が別府温泉で発見した藻類(RG92)から抽出したエキスが、AGEによる炎症性サイトカインの誘導を抑制することを見出しました。

 以上のことから、AGEは年齢とともに進行する脱毛症の原因物質であり、RG92は糖化誘導型の脱毛症を抑制する有効な機能性原料であると考えられます。

 この研究成果を第8回 世界毛髪研究会議<2014年5月14日(水)~17日(土)、韓国、済州国際コンベンションセンター>において発表しました。


【研究の背景】
 AGE(Advanced Glycation End products、終末糖化産物)は、糖とタンパク質、核酸、または、脂質の非酵素反応による結合、すなわち、糖化によって生成される最終産物の総称を指します。AGEは加齢にともない体内に蓄積し、認知症や動脈硬化性疾患等の発症に関与することがわかっています。AGEは炎症性サイトカインの発現を亢進させることで、様々な細胞機能にダメージを与えます。このような老化物質であるAGEに着目した最先端の研究が世界中の研究機関で進められています。

 老人性脱毛症の発症率も年齢とともに高まります。頭部全体における毛包のミニチュア化や毛髪の細毛化を特徴とする老人性脱毛症は、50~60歳頃から発症します。その原因として、ミトコンドリア機能の低下や酸化ストレスの増加が示唆されています。一方、男性型脱毛症は頭頂部と前頭部における毛包のミニチュア化を特徴とします。その作用メカニズムとして、男性ホルモンが毛乳頭細胞に作用し、TGF-β1、DKK-1、IL-6等のサイトカインを過剰分泌させ、これらが毛母細胞の増殖を抑制することが知られています。男性型脱毛症の発症も老化と関連しています。

@Press

トピックスRSS

ランキング