暗号化や圧縮をサポートしたメールアーカイブソフト『Messasy』を無償公開

@Press / 2014年5月23日 9時30分

メールアーカイブソフトの動作イメージ
株式会社デージーネット(愛知県名古屋市、代表取締役:恒川 裕康)は、当社が開発したメールアーカイブソフトである『Messasy』に暗号化や圧縮の機能を追加し、オープンソースソフトウェアとして無償公開しました。『Messasy』を使うことで、企業活動などで利用しているメールを安価に保管することができるようになりました。


■メールアーカイブソフト
メールは、ビジネスの上では欠かせないコミュニケーションツールとなりました。いまや、顧客との連絡だけでなく、受注・発注といった業務上のデータ交換もメールを使って行われることが多くなっています。

こうしたことから、顧客との間でトラブルが発生したり、行き違いがあったりした場合には、過去のメールが重要になる場合があります。メールが適切に保管されていれば、トラブルの経緯を明確にすることができ、不要なトラブルを避けることもできます。

また、送受信したメールを保管しておくことで、重要な機密情報が企業から漏えいしないようにする予防的な効果もあると言われています。メールが保管されることで、メール上で不正なやりとりをした場合に記録が残ることを周知しておくことで、不正行為を思い留まる効果が期待できるからです。

メールアーカイブソフトの動作イメージ:
http://www.atpress.ne.jp/releases/46531/img_46531_1.png

こうしたことから、組織が送受信したメールをすべて保管するメールアーカイブソフトが利用されることが多くなりました。しかし、多くのメールアーカイブソフトウェア製品は、メールを利用するユーザの数に応じてライセンスが設定されており、とても高価です。そのため、単に情報を保全するための目的で利用するにはコスト負担が大きく、導入が進まないという問題がありました。


■『Messasy』について
『Messasy(Message Archive System)』は、当社が開発し、無償で公開されているオープンソースソフトウェアです。そのため、既存のメールシステム環境に組み込むだけで、安価にメールアーカイブ機能を導入することができます。

『Messasy』の特徴は、Red Hat Enterprise Linuxで採用されている標準的なメールサーバであるPostfixにメール保存機能をアドオンするシンプルなソフトウェアとして作られていることです。
また、多くのメールアーカイブソフトウェアが、保管されたメールを専用クライアントで管理するのに対して、『Messasy』では、Outlookなどの標準的なメールソフトで管理することができます。そのため、管理者はメールの検索や転送などを、通常のメールソフトを使うのと同じ方法で行うことができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング