~「アシストクラス」シリーズ 第5回教育ITソリューションEXPO(5月21日~23日)出展記念キャンペーン~授業で役立つツール群「アシストクラス」シリーズ最新版アシストクラス2製品(AC Flip Pro、AC Board)を5月末まで無償提供!

@Press / 2014年5月20日 16時0分

AC Board 大画面利用
日本インフォメーション株式会社(本社:名古屋市千種区今池、代表取締役社長:加藤 和親)は、2014年5月21日~23日に東京ビッグサイトで開催される教育ITソリューションEXPO(略称:EDIX、主催:リード エグジビション ジャパン株式会社)に「アシストクラス」シリーズを出展します。
出展記念キャンペーンとして「アシストクラス」シリーズの2製品「AC Flip Pro」(通常価格700円)、「AC Board」(通常価格600円)を5月末までの期間限定で無償提供します。

■「AC Board」製品データ
http://prodev.nicnet.jp/assistclass/acboard/


「AC Board」は『授業で役立つちょっと便利なツール群「アシストクラス」シリーズ第2弾』としてリリースされたiPad用アプリで、4台までのiPad、iPhoneなどiOS端末を自由に連結し、大画面化し、グループ学習やKJ法、ブレインストーミングなどの協働学習に最適です。また、最新バージョンでは各端末に一斉に問題を書いたカードを配布し、一斉に回収することも可能となりました。
また、単体でご利用の場合はボード(机)にカード(写真・PFD・白紙付箋)を貼ったり、カードにメモを書いたりすることが出来るため、電子机として利用したり、任意のカードのみをプロジェクター出力できるので、手元資料を読みながら表示資料を操作するプレゼンテーションでも十分便利にご利用いただけます。


1.一人(1台)で利用
<電子机として利用>
メモや写真、ドキュメントを「カード」としてボード上に貼り付け、いつでも参照することが出来ます。
ボードはフォルダー分けして管理することが出来ます。
<プレゼンツールとして利用>
ボードに貼った「カード」は選択することでプロジェクターに出力することが出来ます。複数のカードを切り替えて出力、発表メモのカードを参照しながら別カードを画面に出力してプレゼンテーションを行うことが出来ます。


2.グループ(2~4台)で利用
<カード交換>
カードを持ち寄り、接続したiPad間でカードの交換・移動が出来、グループディスカッションで利用することが可能です。
<大画面で利用>
最大4台までのiPadを接続し、巨大ボードを作成、ボードいっぱいにカードを拡大して、大画面にして利用することが出来ます。また、1枚の巨大カードに各タブレットから同時に書込みを行うことが出来ます。
そして、最新版ではカードを各端末に一斉配布したり、一斉回収したりが可能となりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング