ミドクラ、OpenStackで富士通と提携

@Press / 2014年5月21日 11時30分

革新的なクラウドネットワーク仮想化ソフトウェアを提供するミドクラジャパン株式会社(所在地:東京都港区、以下 ミドクラ)は、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本 正已、以下 富士通)とOpenStackを通じて提携することになりました。
富士通のプライベートクラウド基盤ソフトウェア FUJITSU Software ServerView Resource Orchestrator(以下、ServerView Resource Orchestrator)にミドクラのネットワーク仮想化ソリューション「MidoNet」(URL: http://www.midokura.jp/midonet/ )を組み合わせることにより、エンタープライズのお客様は柔軟性、スケーラビリティ、耐障害性に優れたマルチテナントのプライベートクラウドシステムを簡単に構築できるようになります。


近年、コスト削減やベンダーロックイン回避などの利点から、企業のIT基盤構築におけるオープンソースソフトウェア導入の検討・採用が加速し、標準化のニーズも高まっています。また、多種多様なクラウドサービスやクラウドシステムが乱立し、クラウド間の相互接続やアプリケーション移行が課題となっています。このような中、クラウド間接続の実現に必要不可欠な標準APIを提供するオープンソースソフトウェア「OpenStack」が注目されています。一方、ネットワーク仮想化技術は、導入事例や一般的に入手できるノウハウが少ないために、導入に踏み切れずにいるエンタープライズのお客様も多くいらっしゃいます。

このような市場環境を受け、富士通ではServerView Resource OrchestratorにオープンソースソフトウェアのOpenStackを取り込み、オープンアーキテクチャを持つプライベートクラウドサービスを提供することを決定しました。MidoNetは既にOpenStackに対応しており、富士通のServerView Resource OrchestratorとOpenStackを介して連携することが可能になりました。企業向けITシステム分野において、コンサルティングから構築・運用までを幅広く提供できるノウハウを持つ富士通が、OpenStackと仮想化ネットワークソリューションMidoNetを取り扱うことで、これまで、ネットワークの仮想化技術の導入に踏み切れなかったエンタープライズのお客様にも導入がしやすくなります。

@Press

トピックスRSS

ランキング