結婚・出産・子育て…人生計画を考えて行動する人のための結婚支援サービスをリニューアル!『紹介婚』登録受付開始

@Press / 2014年5月22日 10時30分

イメージ
一般社団法人日本婚活支援協会(所在地:東京都港区、代表理事:後藤 幸喜、以下 婚活協会)は、結婚適齢期を迎えた20代と、結婚して出産・子育てを希望している30歳以上の独身者の結婚活動を支援する、身近で低コストの紹介システム「紹介婚」の登録受付をスタートいたしました。

「紹介婚」: http://konkatu.or.jp/syoukaikon/news/


【提供の背景】
「婚難時代」の今、自力で「理想の相手」を見つけるために婚活をしているにも関わらず、その相手が見つからないままに婚期を逃してしまう、または結婚自体を諦めてしまう未婚者が増加しています。
婚活協会では、2010年からスタートした「お見合いシステム」をこの度リニューアルして、一対一の「紹介による出会い」に特化することで、出会いから結婚までのタイミングを早めることを提案。晩婚化・晩産化のリスクを抑え結婚及び出産・子育てのチャンスを増やすことができる「紹介婚」のサービスを開始しました。


【「紹介婚」の特徴】
理想の結婚とされることが多い「恋愛結婚」ですが、恋愛から結婚に発展するために必要とされている交際期間は4.48年とされており、出産を考えている適齢期の女性にとっては高いハードルとなっています。
「紹介婚」は「恋愛結婚」に近い形を取りながらも、「お見合い結婚」のように短期間で理想の相手を見つけることができる、“いいとこ取り”のサービスです。

<相手のプロフィールと写真を見てから選べる>
登録されたプロフィールをもとに、希望する条件、相性の合いそうな方を一人ずつ紹介するシステムを採用。パソコンまたは携帯にデータ添付でお相手の情報をご紹介します。
登録しているのは全て結婚に意欲的な方なので、街コンなどのイベントには仕事の都合があって参加できない、といった方でも安心して使用することができます。

<「お見合い」のように短期間・「街コン」のように低予算>
結婚を前提とした交際を希望されている方を対象とする「お見合い」は短期間で効果を出せる方法として、以前からオーソドックスな結婚の手段として利用されてきました。
しかし、「お見合い」をするには平均約30万~40万円の高額な費用がかかるために、給与所得が「お見合い」全盛期とは異なる現代では減少傾向にあります。
「紹介婚」はこの予算を徹底的に削減した上で、登録期間を半年または1年間から選択可能なシステムを導入。“無駄な時間と費用をかけない”効率的な婚活をご提案します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング