<日本・アメリカ・スウェーデン 3カ国のオーラルケア意識調査Vol.2>6月4日~10日は「歯と口の健康週間」 欧米では自宅でのオーラルケア方法を歯科医院で学ぶのが一般的 スウェーデンではデンタルフロスの使い方まで指導を受けている人が7割

@Press / 2014年5月22日 10時30分

【図1】これまでに歯科医院で受診した診療科目(MA)
ライオン株式会社(代表取締役社長・濱 逸夫)は、「予防歯科※」の考え方が一般的に根付いているアメリカ・スウェーデンと日本の3カ国においてオーラルケアに関する意識調査を実施しました。その結果、欧米では「治療」より「予防」目的で歯科医院を訪れており、自宅でのオーラルケア情報を歯科医師から得ている事がわかりました。

※予防歯科とは
ムシ歯などにかかってからの「治療」ではなく、かかる前の「予防」を大切にする考え方です。歯科医院などでの定期的な健診等を通じて「プロケア(プロフェッショナルケア)」を受けることと、歯科専門家の指導に基づいて自分自身で行う「セルフケア」の両方で積極的に歯と口の健康を守っていくことです。


<調査結果>
1.歯科医院へ通う目的は、日本は「治療」、欧米は「予防」
歯科医院への通院目的は、日本は「ムシ歯の治療」、欧米は「歯の健康診断」が、それぞれ6割以上で最多。

2.自宅でのオーラルケア方法は、欧米では「歯科医院で学ぶ」のが一般的。一方、日本は自己流
日本では自己流が最多に対して、欧米は半数以上が歯科医師からの情報を参考に。特にスウェーデンは、7割以上の人がデンタルフロスの使い方まで指導を受けた経験あり。

3.デンタルフロスの使用で差がつく「予防歯科」
欧米では半数以上がデンタルフロスを使用している一方で、日本での使用者は2割程度。ただし、日本のフロス使用者では、「予防歯科に取り組んでいる」が非使用者の2倍以上。


<オーラルケアマイスターからのアドバイス>
歯と口の健康は「プロケア」と「セルフケア」で保ちましょう!
ライオン オーラルケアマイスター・歯科衛生士 河村有美子

【調査概要】
対象   :15~69歳の日本人・アメリカ人・スウェーデン人の男女
サンプル数:計3,600サンプル(日本人1,200、アメリカ人1,200、スウェーデン人1,200)

<各国の年齢 性別>
男性/女性
15-19歳:100
20-29歳:100
30-39歳:100
40-49歳:100
50-59歳:100
60-69歳:100

調査期間:2013年11月22日-12月10日
調査手法:Web調査 ※分析には上記割付に各国人口構成比でウェイトをかけた値を使用


1.歯科医院へ通う目的は、日本は「治療」、欧米は「予防」
歯科医院への通院目的、日本は「ムシ歯の治療」、欧米は「歯の健康診断」が、それぞれ6割以上で最多。

歯科医院で受診した診療科目について、日本は「ムシ歯治療(66.6%)」が最も多いのに対し、欧米は「歯の健康状態の診断」(アメリカ:64.5%、スウェーデン:70.4%)が最も多い結果でした。その他の項目でも、「スケーリング」(日本:42.3%、アメリカ: 44.9%、スウェーデン:67.1%)、「歯のクリーニング」(日本:21.4%、アメリカ:57.7 %、スウェーデン:35.0 %)など、欧米では歯や口のトラブルを予防するための受診が日本よりも多い傾向にあることがわかりました(図1)。
また、直近1年間の歯科医院の利用回数を聞いたところ、日本は4.6回と、欧米に比べて2回以上多く通院していました。これは、欧米では通院の主目的が予防であるのに対して、日本では継続的な通院を要する治療が中心となっているためと考えられます(表1)。

@Press

トピックスRSS

ランキング