プロのライターが原稿作成から代行する「出版完全代行システム」スタート!

@Press / 2014年5月21日 11時15分

出版完全代行システム
【サービス概要】
双眼社ではこの度、自分で本を出版したいと考える法人・個人向けに、原稿作成から校正、編集、デザイン制作、出版、販売促進まで一括して請け負う「出版完全代行システム」をスタートいたしました。
http://netshop.bz/lp/publish.php
双眼社所属のプロのライターが、依頼者の企業・個人に取材を行い、依頼者の経験・知識・取り扱い商品などについて客観的な原稿を作成し、一冊の本にまとめます。表紙デザインや編集、発行まで一貫して請け負い、さらには、書籍発行後の広報・販売促進に関してもサポートできる体制を整えています。

【営業ツールとしてのビジネス書籍出版】
企業や個人事業主にとっては、取り扱い商品やサービスについてのビジネス書籍を出版すれば、顧客からの信頼獲得に絶大な威力を発揮します。
営業ではなかなか伝えきれない商品・サービスの良さも、本という形でなら無理なく自然に伝えられるため、読者からの問い合わせは成約につながる確率が圧倒的に高くなります。
双眼社では、単なる提灯記事を並べたような宣伝臭漂う本は作りません。社会情勢、業界の動き、業界特有の事情や様々なエピソードなどを調査した上で、「読み物としても面白く有益な本」に仕上げることに注力します。そうしてこそ、書籍で紹介された商品・サービスに対して読者の信頼が得られると考えるからです。
著者あるいは監修者として依頼者の名前を出す場合や、ライターを著者として客観的なビジネス書籍として出版する場合のいずれの依頼にも応じます。

【専門職の自分ブランドの確立、差別化】
本の出版は、専門職に就いている方にとっては、自分自身の高付加価値化、差別化につながります。
医師、弁護士、会計士、税理士、教育関係者、エンジニア、クリエイター等々、自らの経験や知識をお持ちの方には、当社のライターが綿密な取材を行った上で、原稿作成を代行いたします。
専門職の方の場合、依頼者ご自身が著者となる形が一般的です。
自分名義の著書を持つことで、「その道の専門家」としてのイメージが高まり、顧客からの信頼感を得られやすくなる効果があります。

【電子書籍、オンデマンド出版、通常出版のいずれにも対応】
世界最大の電子書籍販売サイトKindleストア(Amazon社)での電子書籍出版および、オンデマンド出版が標準で提供されます。(電子書籍はAmazon以外にも、国内ほとんどの電子書籍ストアでも販売されます)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング