「浅煎り豆の中挽き」のコーヒーがダイエットに効く『1日3杯のコーヒーが人を健康にする!』を発売

@Press / 2014年5月21日 13時30分

『1日3杯のコーヒーが人を健康にする!』
株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)は、2014年5月21日(水)安中千絵著『1日3杯のコーヒーが人を健康にする!』を発売しました。


■ビールの次は「コーヒー」!

スマッシュヒット『やせたい人は、今夜もビールを飲みなさい』で、ビールの新たな一面を紹介して世間を驚かせた安中千絵氏が、次に提案するのは、「コーヒー」です。実は、コーヒーは多くの人を対象にした研究において、がん予防をはじめ、いろいろな病気での予防効果が報告されている数少ない食品なのです。
本書では、世界のコーヒー研究をもとに、「脂肪燃焼」「代謝率アップ」「便秘予防」「糖尿病予防」「長寿効果」「認知症予防」「前立腺がん、子宮体がんのリスク低下」などのコーヒーのパワー、コーヒーとダイエットや健康との関係を詳しく解説。今わかっている範囲でのコーヒーのもつ素晴らしい力を紹介します。
著者は、中立に情報を伝えるため、〈コーヒーはダイエットに効かない〉〈コーヒーはからだに悪い〉という仮説についても同時に検討しています。しかし、結局のところコーヒーの健康効果は圧倒的に〈良い〉が優勢だったことに驚いたそうです。ぜひ本書で、「1日3杯のコーヒー」の驚くべき力を知ってください。

■やせて、健康になる!恐るべし「コーヒー効果」

●コーヒーに含まれるカフェインが脂肪の分解を促進し、
●クロロゲン酸が分解した脂肪を燃やしやすくする
●コーヒー3杯で、10%代謝があがる。1年で体重マイナス1.5キロ!
●食前のコーヒーで、食べ過ぎを防止できる
●「浅煎り豆を中挽きにし、ペーパードリップで淹れたコーヒー」が
●ダイエットに一番効く!
●食事で長寿ホルモン「アディポネクチン」の分泌を増やすのは、
●コーヒーだけ
●コーヒーで肝機能がよくなる。お酒を飲む人ほどコーヒーを飲もう!
●肝臓がん、前立せんがん、子宮体がん、乳がん、大腸がん、口腔・咽頭・食道がん、胃がんなどの発症リスクをコーヒーが低下させるという研究報告がある


--------------------------------------
『1日3杯のコーヒーが人を健康にする!』
http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-81783-5
定価:本体926円(税別)
B6変型判並製/192ページ
ISBN978-4-569-81783-5
--------------------------------------

【Profile】
安中千絵(あんなか・ちえ)
学習院大学法学部卒業。女子栄養大学栄養学部卒業。東京都立大学大学院修士課程修了。都市科学修士。管理栄養士。JSA認定ワインアドバイザー。株式会社タニタなどを経て独立。現在、企業の食・健康事業のコンサルティングや、メディアの栄養情報の監修・情報提供、執筆、講演等を中心に活動中。コーヒー消費量世界トップクラスのスウェーデンに住んでから、コーヒーファンになり、1日3杯のコーヒーを欠かさず飲んでいる。著書に『やせたい人は今夜もビールも飲みなさい』(PHP研究所)がある。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング