日本初!小学生・中学生の英語の「話す力」を測定する「JET-スピーキングテスト」を横須賀学院小学校・中学校で実施

@Press / 2014年5月23日 10時30分

JET-スピーキングテスト受検イメージ
株式会社EVAN JET(ジェット)委員会(事務局長:桑野 記彰)は、小学生・中学生の英語スピーキング能力を測る「JET-スピーキングテスト」のパイロットテストを6月4日(水)、横須賀学院小学校・中学校様(神奈川県横須賀市)にて、同校の生徒様を対象に実施いたします。


【JET-スピーキングテストの特徴】

1.国内初、子どもの「話す力」のみを測る世界標準の
  コミュニケーション英語能力テスト
日本では初となる小学生・中学生の「英語を話す力」のみを測るテストです。
米国IMET(Institute for Measurement in Education and Training)が開発した世界標準のテストであり、お隣の韓国では年間5,000名以上の子どもたちが受検しています。

2.TOEIC(R)テスト、TOEFL(R)テストにシームレスに直結
社会人や大学生を対象としたTOEIC(R)テスト、TOEFL(R)テストのスピーキングセクションを想定して開発されており、これらにシームレスに繋がります。

3.iBT(Internet based testing)方式を採用
受検者は一人一台割り当てられたコンピューター上で受検します。画面上に表示されるイラストを見ながら、英語で流れる設問に対して回答する問題などが中心となります。

4.3種類の問題レベルと6段階の能力判定
テスト問題は、その難度によって、Basic(初級)、Intermediate(中級)、Advanced(上級)、の3種類があります。受検者の回答音声データを元に、専門の訓練を受けたネイティブスピーカーが採点し、受検者の「英語を話す力」を6段階で総合判定します。

5.小・中学生にとって親しみやすい設問、問題場面設定
問題はいずれも小・中学生にとって親近感のある内容となっており、主な出題内容としては以下のようなものが挙げられます。問題は級に応じて初歩的な内容から徐々に難しくなるように設計されています。

■受検者本人のプロフィールに関する問いに回答する(Introduction)
■イラストを見て、内容を説明する(Picture Description)
■場面設定に対して回答する(Role Playing)
■受検者への短い質問に対して回答する(Short Response)
■あるテーマへの意見や考えを述べる(Long Response)
■複数のイラストを見て、ストーリーを組み立てる(Story telling)

@Press

トピックスRSS

ランキング