主婦の8割が不十分な手の洗い方で毎日キッチンに立っている!?手の洗い方による衛生面のリスクを、“おにぎり“をにぎって検証

@Press / 2014年5月22日 18時0分

「ささっと手洗い」「しっかり手洗い」おにぎり雑菌数比較実験結果
 レキットベンキーザー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ステファン・ガー)の60年以上の歴史を持つ殺菌・消毒の専門家 薬用せっけん「ミューズ」では、子どもたちを始め、家族全員をバイ菌から守るための手洗いをサポートしています。

 「ミューズ」では、2014年4月に、食中毒が気になりだすこれからの季節に向けて、食品の衛生管理の基本であるキッチンにおける手洗いを啓発することを目的として、主婦が料理前や料理中にどのような手洗いをしているか調べました。その結果、約8割の主婦が料理の前や料理中に、不十分な手洗いで済ませている可能性がわかりました。
 そこで、食品衛生管理の専門家の方も勧める「しっかりとした手の洗い方」の重要性と不十分な手洗いのリスクを多くの方に知っていただくため、『衛生微生物研究センター』と『徹底!手洗いラボ』の協力の下、手の洗い方によって、おにぎりに付着する雑菌数がどのくらい異なるのかを比較する実験を行いました。


≪背景≫
■意外に多い家庭での食中毒。衛生管理の基本はしっかりと手を洗うこと!
 梅雨時期から夏季の間は、細菌の増殖に最適な高温多湿の環境となるため、細菌性食中毒の被害が増える季節です。細菌性食中毒の年間患者数のうち、およそ64.9%は6~9月に報告されています。食中毒事件といえば、飲食店のほか、宿泊施設や福祉施設、公共施設で発生しているイメージがありますが、食中毒事件の発生場所として飲食店に次いで2番目に多いのは家庭です。(厚生労働省「平成25年食中毒発生状況」)
 これからの季節に家庭でも見直したいのが、キッチンでの衛生管理です。厚生労働省が作成した「家庭でできる食中毒予防の6つのポイント」の中では、6つのうちの5つのポイントで繰り返し「手を洗うこと」が奨励されています(※1)。それほど、食中毒の予防にとって「手洗い」は重要で基本なのです。

(※1)参照:「家庭でできる食中毒予防の6つのポイント」
http://www1.mhlw.go.jp/houdou/0903/h0331-1.html


■料理前や料理中に、しっかり手を洗っていない主婦は8割以上!?
 薬用せっけん「ミューズ」では、2014年4月に、20代から40代の主婦224名を対象としたキッチンでの手洗い実態に関するアンケート調査を実施したところ、8割以上の主婦は衛生的に十分な手洗いを行っていない可能性があることがわかりました。
 調査結果では、81.3%の主婦が10秒以内の手洗いで済ませていました。また、36.2%の主婦にいたっては手を洗う際、ハンドソープやせっけんを使わず、水やお湯で済ませていました。そして、手を洗った後は、85.7%の主婦が普段キッチンでの手洗い後、手拭きのタオルで手を拭いていました。

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング