アシスト、Oracle Database 12cに完全準拠したOracle PL/SQL関連書籍改訂版(第3版)を上梓~「実践で使える技術を身に付ける」をコンセプトに販売部数32,000部を突破~

@Press / 2014年5月23日 12時15分

『プロとしてのOracle PL/SQL入門』第3版
 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、略記:アシスト)は、Oracle Database独自のプログラミング言語である「PL/SQL」のノウハウをまとめた『プロとしてのOracle PL/SQL入門』(出版社:SBクリエイティブ株式会社)に関し、Oracle Database 12cに完全準拠した第3版を上梓しました。本書は5月23日より全国主要書店にて販売が開始されます。

 Oracle Databaseの研修サービスを提供しているアシストでは、2006年に「実践で使える技術を身に付けること」を目的とした本書第1版を上梓しました。販売開始から4年で第7刷まで重版され、2010年3月にはOracle Database 11gに準拠した改訂版を発行、5月20日現在の販売総数は32,000部を超えています。今回、第3版となる本書では、Oracle Database 12cに完全準拠しました。

 本書は4部構成であり、前半の「序章 はじめてのPL/SQL」と「基礎編 PL/SQLブロックの基礎文法」では、初心者でもPL/SQLの利点や基本構文について理解を深められるように、アシストが研修サービスで実際によく受ける質問をベースに内部的な構造などを技術的に解説しています。後半の「実践編 ストアド・プログラムの実践活用」と「応用編 PL/SQLを極める応用テクニック」では、身に付けた技術を現場で応用できるように、本番の業務に欠かせないプロシージャやトリガー、PL/SQLをより効果的に使用するためのテクニックについて紹介しています。また、読者が実際に試すことを念頭に例題やサンプルプログラムを数多く掲載し、サンプルプログラムはすべてOracle Database 12cの実行結果に差し替え、構文オプションや設定パタメータなどもOracle Database 12cに準拠した内容に修正しました。また、セキュリティ機能を中心にOracle Database 12cで追加された新機能も盛り込みました。

■『プロとしてのOracle PL/SQL入門』第3版について

 ●著者:株式会社アシスト 教育部
 ●出版社:SBクリエイティブ株式会社
 ●ページ数:360ページ
 ●定価:2,400円(税別)
 ●版型:A5版 2色刷り
 ●ISBN:978-4-7973-7707-1
 ●販売形態:全国主要書店および以下のアマゾンURLで販売
  http://www.amazon.co.jp/dp/4797377070/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング