太陽光発電施設向けに自立化無線によるセンサ&カメラのかんたん監視パッケージをリリース

@Press / 2014年5月27日 10時0分

図1.太陽光発電施設のワイヤレス監視パッケージの構成
 日本電業工作株式会社(本社:東京都千代田区九段南、代表取締役社長:岩本 眞)はこの度、「太陽光発電施設向けワイヤレス監視パッケージ」を開発しました。
 本パッケージは、センサシステム「Muセンサ」と、長距離無線LANシステム「FalconWAVE」によるワイヤレス監視サービスで、小規模な太陽光発電施設向けのセンサによるパワコン接点やストリング電圧を携帯端末で監視するシステムと、中規模以上の施設向けには、無線LANでIPカメラによる太陽光パネルを監視するシステムとの組み合わせが可能です。いずれも自立型で後付けでき、太陽光発電施設のかんたんモニタリングが行なえます。

■自立型ワイヤレス施設監視ソリューション
http://www.den-gyo.com/solution/solution06.html


【背景】
 太陽光発電施設の普及に伴い当初は考えられなかったいたずら、盗難から雪害まで様々な事象が発生し、セキュリティ対策や、発電量低下を引き起こす機器異常を早期に発見するための「監視・保守」の必要性が高まっています。


【DENGYOの太陽光発電施設向けかんたん導入ワイヤレス監視】
図1.太陽光発電施設のワイヤレス監視パッケージの構成
http://www.atpress.ne.jp/releases/46736/img_46736_1.png

 Muセンサは、自立型太陽電池により電源不要で、携帯電話のみで発電状況の定時モニタリングをします。発電電力の低下や機器異常は管理者に携帯SMSでお知らせすることで、太陽光発電施設の24時間監視が可能です。
 長距離無線LANシステムFalconWAVEは、監視カメラ映像を自立型太陽電池により通信料不要の自営無線LAN回線でマルチポイント集約監視します。


【解決できる課題と特長】
◆フレキシブルなセンサシステム「Muセンサ」“太陽光発電かんたん監視”
http://www.atpress.ne.jp/releases/46736/img_46736_2.png
 小規模太陽電池発電施設では、総発電量のモニタリングは行なっていても費用面の制約によりストリング単位でのモニタリングはあまり行われていません。また、小規模施設でも、停電発生時の手動復旧のためのパワコン接点監視が必要になってきています。
 Muセンサは、3つのユニット(インターフェース、コントロール、ネットワーク)をセミカスタマイズすることにより、手軽に最適な無線ネットワークを構成できるマルチユニット型のシステムです。「太陽光発電かんたん監視」は、センサ、3G無線機、太陽電池までをオールインワンのパッケージとして提供します。導入費用が安価で、後付けでも容易に導入でき、かんたんに監視を行なうことができます。価格は自立型の端末価格が17万円からとなります。

@Press

トピックスRSS

ランキング