トラックやミックスの身近で解消しにくい問題を手軽に解決する、サウンドラディックス社のプラグインソフトウェアを販売

@Press / 2014年5月27日 12時30分

Pi スクリーンショット
株式会社サンミューズ(代表取締役社長:三浦 傳、本社:神奈川県川崎市)は、イスラエル サウンドラディックス社(SoundRadix)のプラグインソフトウェア製品3種類の輸入販売業務を開始、販売しています。
製品はダウンロードでのライセンス販売となり、納品形態はシリアル番号を記載した書類での納品となります。

URL: http://www.sunmuse.co.jp/soundradix/


サウンドラディックス社は、ベストサウンドに到達するための革新的なソフトウェアツールを開発しています。
彼らの製品の特長は、使いやすく、即効性のあるインターフェイスをスマートなアルゴリズムで実現している点です。
それらはヴィンテージハードウェアのエミュレーションに依らず、またアナログ・エレクトロニクスでは実現不可能な、最短で最高の結果を得るためにデザインされた最先端ツールなのです。


●Pi(ファイ) ¥33,000(税別)
身近な問題でありながら改善が難しい『位相問題』を簡単に解決する、マルチトラックミックスに欠かせないツール。

Piは革新的なマルチチャンネルのインタラクティブなフェイズミキサープラグインです。
PiはDAW又はミキサーのサミング作業を改善します。Piはミックス時の楽器のダイナミクス特性を引き出し、モノラルの相互の互換性を改善、同一帯域周波数の重なりにより発生する音の厚みの消失やフォーカスのずれを解消します。
各トラック間での良い位相の関係はより良いミックスに繋がります。通常、ミキサーのチャンネルは単一のステレオミックスバスにアサインされます、個々の楽器の奏でる音はそれぞれの周波数レンジと位相の重なりが発生します。しばしば、ベースのサウンドは一時的にドラムのキックやリズムギターとズレを生じる場合があったりしますが、これらは同一帯域の周波数でわずかな時間のズレにより位相が打ち消されてしまい、それがミックス時に最終的には特定の音だけが奥に引っ込んでしまうような仕上がりになる要因となります。同じような事はスネアドラムのトラックの音とタムのトラックの音をミックスした時にも起こります。タムのマイクで拾ったスネアドラムの音と混ぜる事で、スネアドラムの音の周波数の一部が打ち消されて、やせ細った音として再生されてしまいます。
Piをプラグインとして入れる事で、インサートされたトラックはあらゆるミックスにおいて、トラック間の位相を相互に整え、最適な位相ポジションに整えます。また、それにより最もダイナミックでかつ位相の整った「芯の太い」音の再現が可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング