一般社団法人おにぎり協会発足のお知らせ 分とく山・野崎氏の「おにぎり」動画もあわせて公開

@Press / 2014年5月27日 10時30分

イメージ画像1
2013年、ユネスコ無形文化遺産に登録されたのを機に、ますます注目を集める和食。その和食の中で、寿司、天ぷらなどに続いて世界的な普及を見せ始めた「おにぎり」を世界に発信していくため、2013年の準備期間を経て2014年2月、一般社団法人おにぎり協会が発足したことをお知らせいたします。

URL: http://www.onigiri-japan.com/


■一般社団法人おにぎり協会とは
一般社団法人おにぎり協会では、おにぎりを日本が誇る「ファーストフード」であり「スローフード」であり「ソウルフード」であると定義し、その文化的背景も含めて国内外に普及させていくことを目的としています。

日本人なら誰しも口にしたことがある「おにぎり」。この「おにぎり」はお米、塩、具、海苔という4構成(場合によってはおにぎりと塩の2構成)でありながら、その可能性は無限大であり、米と塩、具や海苔などの組み合わせ、味付けによって多くのバリエーションがあることは多くの日本人が知るところです。

しかし、寿司や天ぷらなどと違い「おにぎり」の普及はまだまだ世界的には低いのが現状です。一般社団法人おにぎり協会では、今後海外の観光客が増えてくる東京を中心に、おにぎりの良さを国内外に発信、普及させ、多くの人々にその味わいを愉しんでもらい、日本の実質的な食文化を理解してもらいたいと願っています。


■懐石料理「分とく山」の総料理長・野崎 洋光氏によるYouTubeを公開
活動の第一弾として、現在、一般社団法人おにぎり協会ではインターネットを使い、日本語だけでなく英語による情報発信を行っているほか、日本が誇る「おにぎり」の文化を自身の言葉で発信できる人たちへの取材活動を行っております。

一人目としてお願いをしたのは、ミシュランガイドでも星を取り、世界的にも評価の高い懐石料理「分とく山」の総料理長・野崎 洋光氏におにぎりについて語っていただきました。語っていただいた内容は、本リリースと同時にYouTubeで公開をしております。

英語字幕付きURL: https://www.youtube.com/watch?v=scjgUEiXwno


■今後の展開
一般社団法人おにぎり協会では、今後も日本が誇る和食「おにぎり」の大切さに共感していただける人々を国内外から募り、その活動の幅を広めて参ります。


【概要】
名称  : 一般社団法人おにぎり協会
設立  : 2014年2月20日
代表理事: 中村 祐介
所在地 : 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-3-15-317
      (株式会社エヌプラス内)
連絡先 : TEL:03-5770-7408 FAX:03-5770-7409
メール : info@onigiri-japan.com
Web   : http://www.onigiri-japan.com/
YouTube : http://www.youtube.com/OnigiriSociety
Twitter : http://www.twitter.com/OnigiriSociety (日本語)
      http://www.twitter.com/OnigiriSocietyE (英語)
Facebook: http://www.facebook.com/OnigiriSociety (日本語)
事業内容: 「おにぎり文化の研究、執筆、出版物の発行」
      「おにぎりイベントの開催」
      「おにぎりに関する映像、音楽コンテンツの配信」
      「おにぎり関連商品の販売・輸出」
      「おにぎり関連ライセンス発行」
      「おにぎりコンテンツを活用した1次産業の6次産業化支援」
      「おにぎりコンテンツを活用した自治体・団体・企業コンサルティング」

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

イメージ画像2

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング