SCSKとのれん、コンテンツ・マネジメント・システム分野で協業~「NOREN」販売代理店契約を締結~

@Press / 2014年5月27日 12時0分

 SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役会長兼CEO:中井戸 信英、以下SCSK)は、アシストグループの株式会社のれん(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝田 誠、以下のれん)と販売代理店契約を締結し、のれんが提供するコンテンツ・マネジメント・システム(以下CMS)「NOREN6」の販売を2014年5月27日から開始します。

1.背景
 多くの企業では、Webサービスの事業環境に果たす役割が広がっており、安定した迅速なサービスや運用も含めた強力な顧客支援体制が一層求められています。また、昨今のWebサイト構築では、レスポンシブデザイン(*1)でのスマートフォン、タブレットへの対応やデジタルサイネージへのコンテンツ配信などオムニチャネルへの対応、基幹系システムとの連携要件や業務フローの見直しなど、従来のWebサイト・リニューアルとは異なり、業務システム構築の要素が強くなっています。
 このようなニーズに対し、SCSKでは業務システム構築のみならず、Webサービスが本来持っている効果や訴求力を最大限引き出すため、Webコンサルティングから開発・運用までのフルラインサービスを「WEBSAS(ウェブサス)」というブランドで提供しています。
 一方、のれんは「NOREN」を静的CMS製品として、企業サイト(コーポレートサイト)を中心に提供してきました。最新版の「NOREN6」では、リクエストベースでコンテンツを表示するリアルタイム配信機能を追加実装し、BtoCサイトや会員サイトなどコンシューマー向けサイトが求める、サイト訪問者個別での最適な情報提供を可能にしました。また、コンテンツ配信基盤としてオムニチャネルに対応するなど、昨今の企業ニーズに応える製品になりました。
 このたび、SCSKのWebソリューション事業に新たに「NOREN」を加えることで、デジタル・マーケティング分野での提供ソリューションを強化し、お客様のさまざまなニーズに幅広く対応します。

 *1 レスポンシブデザイン・・・Webデザインの手法の一つで、さまざまな
   種類の機器や画面サイズに単一のファイルで対応すること

2.「NOREN」とは
 「NOREN」は、2002年の販売開始から現在に至るまで、さまざまな業種・業態で500社超の企業に採用されています。最新バージョンの「NOREN6」では、お客様の要望を反映し100の新機能が追加されました。静的CMSの強みである安定性やセキュリティ性はそのままにDynamicモジュールを搭載し、これまでの高いパフォーマンスを維持したまま、BtoCサイトやECサイトの構築も可能にします。さらに、1ページ内で静的と動的(リアルタイム配信)を組み合わせた利用も可能です。

@Press

トピックスRSS

ランキング