3,000社の人事に企業の「今」を聞きました!2016年新卒採用・女性活用・イクメン・ブラック企業…気になるその実情は?

@Press / 2014年5月28日 13時0分

ブラック企業と「誤解されないため」の対策
株式会社アイ・キュー(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 城)が運営する日本最大級の人事ポータルサイト『日本の人事部』( http://jinjibu.jp/ )では、全国約60,000社の『日本の人事部』会員に向け、大規模なアンケートを実施しました。調査結果から、企業が抱える人・組織に関する課題やそれに対する戦略、施策がわかりました。
以下、結果をご報告します。
(調査期間:2014年3月24日~4月2日、回答数:3,009社)


<調査結果、一部抜粋>
※全77問 メインテーマとして、「採用」「育成」「雇用に関する法改正」「職場環境」の四つを設定

○「ブラック企業」対策、「対策を講じている」企業は17.0%に過ぎない
「対策を講じている」と回答した企業は17.0%にとどまり、「対策を講じていない」企業が68.3%と3社に2社の割合を占めています。
対策を講じている企業では「情報開示」「現場教育」など、奇をてらうことなく、至極まっとうな対策を行っています。
詳細は…『日本の人事部 人事白書2014』P.22~
http://www.atpress.ne.jp/releases/46809/img_46809_1.jpg


○企業のミドルマネジャーの59.9%はプレーヤー同然?!
 本来求められるマネジャー業務に注力できず
ミドルマネジャーに対して企業が期待する最も重要な役割は、「部下の育成・マネジメント」「現場の活性化・モチベーションの維持・向上」「チームの目標設定・達成」など。しかし、ミドルマネジャーの約6割は、プレーヤーとしても動かざる得ない状況にあるほか、「業務過多」に陥っていることがわかりました。
詳細は…『日本の人事部 人事白書2014』P.62~
http://www.atpress.ne.jp/releases/46809/img_46809_2.jpg


○政府が目指す「2020年 女性管理職30%」
 女性管理職を増やす上での障害の最多回答は、「候補となる女性従業員が不在」25.6%
現在の女性管理職の割合が「0%」という企業は、21.4%。女性管理職が増えない理由に「女性を管理職に育てていく社内環境整備の遅れ」「そもそも管理職適齢の女性総合職が少ない」「候補となる従業員が力不足」などがありました。
今後、女性管理職を増やすポイントは、社内環境を整えるために「経営層のリーダーシップ」と回答する企業が目立ちました。
詳細は…『日本の人事部 人事白書2014』P.129~
http://www.atpress.ne.jp/releases/46809/img_46809_3.jpg

@Press

トピックスRSS

ランキング