「価格を下げずにモノを売る」指南書が人気!新刊『儲かる会社88の鉄則』がAmazonの企業経営部門で第一位を獲得

@Press / 2014年5月29日 15時0分

経営コンサルタントの中丸 秀昭執筆の単行本『儲かる会社88の鉄則』(税抜1,300円、2014年4月11日発売)が、Amazonの企業経営部門で第一位を獲得しました(2014年5月15日付)。


本書は「価格を下げずにモノを売る」をコンセプトに、市場縮小・増税の時代に中小企業が生き残り、伸び続けていくための抜本的な解決策を紹介しており、「価格競争に巻き込まれることなく儲けを最大化し、最短ルートで成長発展していく為の戦略・しくみ・しかけづくり」を紹介した著書となっています。

著者の中丸 秀昭は、コンサルティング会社である日本成長戦略研究所株式会社(東京都中央区)の代表取締役で、全国の商工会・商工会議所、各種経済団体などでの講演会・セミナー講師、大手上場企業での研修講師を年間100日以上務め、100名以下の中小企業が成長発展していく為の仕組みを1年以内に整えるコンサルティングを得意としています。

「日本成長戦略研究所株式会社」ご参考URL: http://growth-strategy.jp/


【なぜ価格を下げずにモノが売れるのか】
本書では、中小企業がこれからの時代を生き抜くための生き残り術、成功する営業戦略、顧客戦略の秘策として、以下の項目を公開しています。

・絶対に価格を下げてはいけない3つ理由とは
・たった10%の値下げが経営危機を招く理由とは
・儲けを生み出すウラ帳簿のススメとは
・自社の強みをつくり出す3つの実践手法とは
・儲けを生み出す売上アップの方程式とは
・お客様の心をわしづかみにするメッセージの作り方とは

また、具体例として以下の事例を紹介しています。

・ストーリー性で大ヒットの230円サイダー
・価格を一切下げずに薄型テレビの販売台数日本一
・メディアで話題のたこ焼きにしか見えないシュークリーム
・Facebookページの制作だけで3億円を売り上げるWEB制作会社 etc...


【著書「儲かる会社88の鉄則」について】
はじめに ― 儲かっている会社にはやはり秘策があった!
序章   ― 伸び続ける会社がやるべきこと
1章   ― お客様のココロが売上げを左右する!
2章   ― 99.7%の企業が絶対にやってはいけないこと
3章   ― 小さな会社が生き残るためにすべきこと
4章   ― 自社の強みを明確化し、儲けを最大にする!
5章   ― メッセージを伝え、顧客を動かす“決め技”とは?
おわりに ― 儲けの“チャンス”は必ずある!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング