位置連動型コンテンツ配信ソリューション 「ACCESS(TM) Beacon Framework」がAndroidに対応 ― 6月16日から評価キットを提供開始 ―

@Press / 2014年6月3日 11時0分

「ACCESS(TM) Beacon Framework」構成図
 株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下 ACCESS)は、同社のBeaconを用いた位置連動型コンテンツ配信ソリューション「ACCESS(TM) Beacon Framework(ABF)」にAndroid OS対応機能を拡充し、AndroidおよびiOSの両OSに対応した最新バージョンを7月2日(水)より提供開始いたします。なお、これに先立ち、標準機能やサービスをお試しいただける「評価キット」を6月16日(月)より提供開始いたします。

 「ABF」は、BLE(※1)搭載のBeacon(※2)、スマートフォン向けアプリケーション、Beaconクラウド管理システムをワンストップで提供することにより、事業者のO2O(※3)サービス等の開発を大幅に迅速化し、運用を効率化する位置連動型コンテンツ配信ソリューションです。既に、iBeacon(TM)(※4)に対応したiOS対応版を今年の2月より提供開始しており、この度、Androidにも対応したことで、事業者は、スマートフォンユーザを対象にした大々的なサービスやプロモーションでの利用が可能となりました。

【評価キットの概要】
ご提供物:Beacon10台
― Beaconクラウド管理システム(PC画面で閲覧)
  PC画面にて数千個といった数のBeacon電池残量なども一目で確認できます。
― スマートフォン向けリファレンスアプリケーション
― コンテンツ制作ツール(PC画面にて作成・配信)
対応OS:iOS 7およびAndroid 4.4以降
期間:3ヶ月間ご利用いただけます。
*価格およびお見積り等のお問い合せ先(営業): beacon-info-gr@access-company.com

【「ACCESS Beacon Framework(ABF)」について】
 「ABF」では、お申込みいただくと、Beacon(ケース付き、日本製)に加えて、ポイントカード、スタンプラリーなど10種類以上のアプリケーションが予め標準で実装された開発キット(SDK)、Beaconクラウド管理画面やコンテンツ制作ツール、クラウドサーバ機能が提供されます。既存アプリケーションへの組み込み(※)やBeacon対応の新サービスの開発(※)が容易になるだけでなく、導入後も、従量課金のASPサービスとして提供されますので、手間のかかるサーバ運用・管理にリソースを割く必要はありません。事業者は、本来の目的である、ユーザの位置情報に連動した画期的なO2Oサービスやプロモーション施策の開発や提供に注力することが可能となります。
※既存アプリケーションへの組み込みや新アプリケーション開発は、オプションとして受託開発でも対応します。
 なお、「ABF」のBeaconは、Nordic Semiconductor社のSoC(System on Chip)を実装しています。Bluetooth SIG(※5)にてBluetooth 正規設計(QDID)(※6)、並びに国内外の電波法認証(日本・FCC(※7)・CE(※8))を取得していますので、複雑で難解な認証テストの必要はなく、お申し込みと同時に電波法に遵守した開発が可能です。また「iBeacon(TM) ライセンスプログラム」の認証も取得しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング