ソフトブレーンとネオネット、展示会出展社向けサービスで業務提携

@Press / 2014年5月30日 15時0分

サービス提供イメージ
営業課題を解決するためのサービスを提供するソフトブレーン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:豊田 浩文、以下 ソフトブレーン)とイベント支援サービスを提供する株式会社ネオネット(本社:東京都港区、代表取締役社長:尾崎 雅良、以下 ネオネット)は、展示会出展社向けサービスで業務提携し、展示会で獲得した名刺情報をデータ化し、その見込顧客リストに対する営業活動を一元管理できるサービスの提供を本日より開始いたします。

多くの企業にとって、売上拡大のための「新規顧客開拓」は重要な営業課題となっています。ソフトブレーンで実施したアンケート調査(*)においても、3年連続で「新規顧客開拓」が課題の1位になっています。その解決策の一つとして展示会への出展があります。ターゲットに対する知名度向上や展示会開催テーマに対して課題を感じている見込み顧客リスト(名刺情報)が獲得できるため、展示会への出展は効果的です。しかし、マーケティング部門が獲得したリストに対して営業部門の担当者がどれだけ活動できているかを把握している企業は多くありません。そのため、展示会の投資対効果を測ることができていない企業が多く存在します。
* 2011~2013年に実施した経営者・管理職向けソフトブレーンセミナーにおけるアンケート調査より。アンケート回答者合計13,112人。

そこで今回、ソフトブレーンとネオネットは、展示会を営業の端緒としてより有効に活用できることを目的として、それぞれの企業が持つ強みを生かし、マーケティング部門で獲得した名刺情報をデータ化しその情報を営業部門にスムーズに引き継ぎ、営業活動の進捗を把握し、その集客リストから何件のアポイントが取れたか、何件の案件が発生したか、何件の受注が取れたか、いくらの受注に繋がったかなどの販促コストに対しての投資対効果を計測できるサービスの提供を開始いたします。これにより、営業担当者は漏れなく見込み顧客リストへ営業活動を行うことができ、マーケティング担当者は、営業の進捗を把握することで獲得したリストの評価を行うことができ、今後の施策に生かすことができるようになります。

ネオネットのイベント支援システム「NSR(Neonet Standard Registration)システム」は、イベントの事前登録サイトの構築や登録情報の管理を行うことができ、来場者の名刺情報や属性情報、アンケート情報をバーコード化しそれを読み取るだけでデータベース化することができます。データベース化された情報をソフトブレーンの営業支援システム(SFA/CRM)「eセールスマネージャーRemix Cloud」に取り込むことで、その後の進捗を管理することができるようになります。
集客から受注までの一元管理が可能となり、マーケティングと営業部門の情報連携がスムーズに行えます。また、ターゲットリストをどれだけ獲得できたかを把握できるのはもちろんのこと、営業担当者がフォローをしているかどうか、案件化・受注まで繋がるリストが何件あったかなどを正確に把握することができるため、リストの評価および改善点を踏まえた今後の施策を検討することができるようになります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング