クールビズ最大のストレスは、“汗とニオイ”汗とニオイのメカニズムから探るこの夏のオフィスのデオドラントケア男性は「わきの下」、女性は「胸元」にもご注意を!

@Press / 2014年5月30日 12時0分

クールビズの状況下でストレスに感じること(MA)
≪クールビズで、汗とニオイ対策はオフィスの新マナーに≫

 梅雨から夏に向かうこの時期は、気温とともに湿度も上昇、じめじめした季節の始まりです。クールビズもスタートしましたが、ビジネスパーソンにとっては通勤電車や職場での汗は避けられないシーズンです。

 資生堂がビジネスパーソンを対象に実施した調査(※1)によると、「クールビズ実施により、ストレスに感じていること」のトップは、「汗のニオイが気になる」(44.8%)、続いて「汗でベタベタして気持ち悪い」(42.3%)、「暑くて集中できない」(38.9%)という回答結果になりました。さらに、「カジュアルシーンよりビジネスシーンのほうがニオイが気になる」は6割以上(63.9%)となるなど、ビジネスパーソンの悩みの種として、職場での汗の“ニオイ”の存在が改めて明らかになりました。
 この時期を快適に過ごすためにも、ビジネスシーンでの汗とニオイのケアは重要です。

クールビズの状況下でストレスに感じること(MA)
(%)N=1,248
http://www.atpress.ne.jp/releases/46943/img_46943_1.jpg
※1 2013年、首都圏・関西圏のビジネスパーソン1,248名に実施


 資生堂は、オフィスで快適に過ごすための新習慣=“デオドラントBiz”を推進しています。昨年は、働く人のニオイケアに関する無料情報紙『デオドラントBizタイムズ』(B5判・全4頁)を全国の小売店等で配布するなど、クールビズにおけるデオドラントケアの情報提供を行ってきました。
 このたび、梅雨から夏に向けてますます気になる、オフィスの「汗とニオイ」についてそのメカニズムと対策をまとめました。


<目次>
■その(1) 意外と知らない「汗とニオイ」の正体とは?
 ~汗そのものは実は無臭。無臭の汗がにおうワケ~

■その(2) ニオイを抑える3大要素・・・「制汗」「殺菌」「消臭」
 ~汗がにおう仕組みを知って、徹底的なニオイ対策を!~

■その(3) ニオイが発生しやすい場所と、その対策とは?
 ~男性は「わきの下」、女性は「胸元」にもご注意を!~

■その(4) さまざまなアイテムを使い分けて、ニオイ対策を
~時間帯別やシーン別に、対策ポイントあり!~

■クールビズの強い味方!
資生堂「エージープラス」


~汗とニオイのメカニズムから探るこの夏のオフィスのデオドラントケア~

「汗臭い」と言うものの、すべての汗は、本来無臭です。では、どうして汗がにおうのか、そのメカニズムと、効果的なデオドラントケアを資生堂リサーチセンターの河野 佐代子研究員が解説します。

@Press

トピックスRSS

ランキング