2014FIFAワールドカップ ブラジル大会公式記念コイン 最終予約販売 開催国ブラジル発行のコインを含む限定セット登場!~6月9日(月)より予約販売開始~

@Press / 2014年6月3日 14時0分

ブラジル金・銀貨デザイン
 泰星コイン株式会社(本社:東京都豊島区/社長:岡 政博)は、「2014FIFAワールドカップ ブラジル大会公式記念コイン<最終予約販売>」の日本国内での予約販売を、全国の金融機関及び泰星コインにて6月9日(月)より開始いたします。
このコインは、記念すべき第20回大会となる2014FIFAワールドカップ ブラジル大会の開催を祝して開催国ブラジルと協賛各国から発行されるものです。日本では全6ヵ国の金貨と銀貨を厳選し、3ヵ国ずつ2次に分けて販売するコインプログラムとなっております。第1次として昨年6月に販売した「オーストラリア」「スペイン」「パラグアイ」は大変ご好評をいただきました。第2次である今回の<最終予約販売>は「ブラジル」「フランス」「ポルトガル」の3ヵ国です。

詳細: http://www.taiseicoins.com/product/wc2014final/


■FIFAワールドカップ栄光の歴史に輝く 開催国ブラジル・フランス・ポルトガルからの発行
 今回の最終予約販売では、開催国ブラジル、フランス、ポルトガルから発行された金貨各1種(計3種)、銀貨各1種(計3種)を、金貨3種セット、銀貨3種セットとして販売いたします。
 ブラジルは今回を含め20大会すべてに出場した唯一の国であり最多5度の優勝を誇る、まさにFIFAワールドカップの代名詞のような存在。フランスは、日本が初出場を果たした1998年大会の開催国であり優勝国。ポルトガルは2006年ドイツ大会で40年ぶりにベスト4進出を果たし、強豪国として世界が注目しています。いずれもFIFAワールドカップの栄光の歴史に刻まれ、未来に光り輝く3ヵ国のコインを厳選しました。

 それぞれのセットに含まれる各コインの発行枚数は、ブラジル金貨5,000枚、フランス金貨3,000枚、ポルトガル金貨5,000枚(対日割当各1,200枚)、ブラジル銀貨20,000枚、フランス銀貨10,000枚、ポルトガル銀貨15,000枚(対日割当各1,800枚)と大変希少性が高く、記念すべき20回大会にふさわしいコインプログラムです。


■FIFAワールドカップを象徴する各国デザイン フランス銀貨は立体ドーム型
 コインのデザインには、FIFAワールドカップトロフィーやスタジアム、大会公式エンブレム、サッカーボールなどワールドカップの象徴とともに、自国の誇りが込められています。また、フランス銀貨はドーム型に膨らんだ立体フォルムで、よりリアルな存在感と輝きをたたえています。

@Press

トピックスRSS

ランキング