省エネ・快適・健康を実現する断熱リフォーム新シリーズ「リフォエコ」を立ち上げ “室内壁の上から簡単に断熱リフォーム”“低コスト、短工期を実現する”「リフォエコパネル」、「リフォエコボード」を新発売

@Press / 2014年6月3日 10時30分

リフォエコ シリーズロゴ(商標登録出願中)
旭ファイバーグラス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:狐塚 章)は、高性能グラスウール断熱材「Aclear(アクリア)」を使った省エネ・快適・健康を実現する断熱リフォーム製品の新シリーズ「リフォエコ」を立ち上げ、「リフォエコパネル」および「リフォエコボード」を2014年7月1日(火)から発売いたします。

「リフォエコパネル」、「リフォエコボード」は、既存の壁の上から短期間で施工可能なため、お手頃な価格でお住まいのままで断熱リフォームが可能です。高性能グラスウール断熱材「Aclear(アクリア)」を基板としているため、現場で自由自在にカットでき、様々な壁面に対応できます。

「リフォエコパネル」、「リフォエコボード」を施工した壁面の冬場・夏場の表面温度は室温に近づきます。このため、エアコンをつけていても壁面が「冬冷たい/夏熱い」という現象が緩和され、体感上の不快感が改善されます。壁面結露の抑制にも効果があります。

住宅の断熱性能を高めることは、室内の温熱環境の改善による省エネルギー性・快適性の向上だけでなく、急激な温度変化で生じるヒートショックや室内の温度上昇による熱中症のリスク低減など、健康面においても重要な意味があります。住宅の断熱性能と健康との関わりを示唆する研究報告も増えており、断熱リフォームは、省エネルギー効果だけでなく、健康面にも大きな効果が期待されています。

旭ファイバーグラスでは断熱リフォーム製品の新シリーズ「リフォエコ」の拡販により、既存住宅での快適な生活空間の実現や低炭素社会の実現に貢献することを目指します。

リフォエコパネル
http://www.atpress.ne.jp/releases/46986/img_46986_2.jpg

リフォエコボード
http://www.atpress.ne.jp/releases/46986/img_46986_3.jpg


<Aclear(アクリア)について>
「Aclear(アクリア)」は、「住空間の安心」にかかわる品質にこだわり、シックハウス症候群の原因のひとつといわれるホルムアルデヒドを含まない材料で作られています。内壁に施工しても気になるニオイを発生しませんので安心してお使いいただけます。また、細繊維化技術により、同密度での繊維本数が多いため、厚みあたりの断熱性能が向上しています。


<断熱リフォームについて>
低炭素社会の実現には、既存住宅の断熱性能の向上が極めて重要な課題といわれていますが、断熱リフォームの普及はまだまだ進んでいない状況です。快適な生活空間に対するお客様のニーズは決して低くないにも関わらず断熱リフォームが行われないのは、既存のクロスや壁内装下地材の撤去を伴うため工事費用がそれなりにかさむこと、長い工事期間や工事期間中はその部屋の使用ができないこと等が主な原因と考えられます。

※「リフォエコ」は商標登録出願中です。


◆「リフォエコパネル」・「リフォエコボード」の概要
■用途:壁の断熱リフォーム

■主な特長
・断熱性能がアップし、製品が施工された壁面の表面温度が室内温度に近づきますので、体感上の快適性が向上します。
・「Aclear(アクリア)」基板の特長であるノン・ホルムアルデヒドと製品固有のニオイが殆どないことにより、室内環境にも配慮した快適な生活空間を実現できます。また、断熱性だけでなく、吸音効果も有しています。
・現場で自由自在にカットでき、様々な壁面に対応可能です。

【リフォエコパネル】
<対象>
戸建て住宅、マンション、オフィス、学校、介護施設等

<冬の寒さ対策効果の例>
壁の表面温度が木造住宅で約2.5℃、RC造住宅で約4.5℃上がります。
※当社測定値(外気温-1~-2.5℃、室内温度を23℃一定にした場合)

<施工方法>
・既存の室内壁の上から専用面ファスナーで貼るだけですので、約1日で6畳間の壁(2面)のリフォームができます。
・室内のインテリアに合わせて4種類デザインがあり、汚れてしまった場合や室内のイメージを変えたい場合、1枚から簡単に取り換えることができます。

<商品仕様>
「Aclear(アクリア)」を基板に化粧クロスで表面加工を施し、住宅モジュールに合わせた455mm角のパネル状の製品です。

<費用の目安>
6畳間の壁(2面)の工事込みの設計価格は約40万円です。


【リフォエコボード】
<対象>
戸建て住宅、マンション、オフィス等

<冬の寒さ対策効果の例>
壁の表面温度が木造住宅で約2.0℃、RC造住宅で約3.5℃上がります。
※当社測定値(外気温-1~-2.5℃、室内温度を23℃一定にした場合)

<施工方法>
・既存の室内壁の上にビス止め(または接着剤)にて取り付け、パテ処理の上、内装クロスで仕上げが可能で様々なデザインを楽しめます。
・12mm厚なのでサッシ廻りの額縁など付帯工事は不要になり、コスト低減と工期短縮が図れます。

<商品仕様>
・「Aclear(アクリア)」に圧縮プレスを施した高密度のボード状製品です。
・厚み12mm、幅910mm、長さ1,820mmの石膏ボードと同じサイズかつ1枚あたり重量約6kgで非常に軽量です。

<費用の目安>
・6畳間の壁(2面)の工事込みの設計価格は約15万円です。
(内装クロス費用含まず)

■発売時期:2014年7月1日(火)予定

■発売地域:省エネ基準の地域区分 4(III)地域~7(V)地域
※主に南東北以南(沖縄・離島を除く)
(同一都道府県であっても複数の地域区分が混在しますので、詳細は国土交通省のホームページ等をご覧ください)

■規格表、設計価格(設定価格は税抜価格です)
名称       :リフォエコパネル
製品区分     :断熱リフォーム用パネル
使用部位     :壁
厚み(mm)     :25~30(※1)
熱抵抗値(m2・K/W):0.74(当社測定値)
幅(mm)      :455
長さ(mm)     :455
設計価格     :19,700円/m2、4,000円/枚

名称       :リフォエコボード
製品区分     :断熱リフォーム用ボード
使用部位     :壁
厚み(mm)     :12
熱抵抗値(m2・K/W):0.32(当社測定値)
幅(mm)      :910
長さ(mm)     :1,820
設計価格     :7,300円/m2、12,000円/枚


※1:本体厚みは25mmですが、施工後は下地壁面から30mm程度となります。
「リフォエコパネル」向けの見切りジョイナー等の付属部材も同時発売します。


◆旭ファイバーグラス株式会社について( http://www.afgc.co.jp )
旭ファイバーグラスは、1956年に創業した、日本初のガラス繊維専門メーカーです。快適性と省エネルギー性に優れる住空間の実現と地球環境保全に貢献する「グラスウール断熱材」から、自動車・電子・電機などの分野で使われる「最先端素材」まで、様々な分野で製品を提供しています。今後も、創業以来培ってきた高い技術力とそれに裏付けられた「素材の力」を活かしつつ、さらに新たな価値を創造し、お客様の満足度を高め、より良い「快適環境作り」のために貢献してまいります。


■会社概要
社名  : 旭ファイバーグラス株式会社
代表  : 代表取締役 社長執行役員 狐塚 章
所在地 : 〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-6-3 神田三菱ビル
創業  : 1956年11月1日
資本金 : 50億3,600万円
事業内容: 1. 各種ガラス繊維製品及びその関連製品に関する事業
      2. 建材関連事業
URL   : http://www.afgc.co.jp


■一般の方のお問い合わせ先
旭ファイバーグラス株式会社 カスタマーセンター
TEL   :0120-99-6388
営業時間:9:00~12:00/13:00~17:30(平日のみ)

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

リフォエコパネル リフォエコボード

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング